Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

【無料アセット】日本のゲームミュージックに影響された作曲家さんによるステキなゲームミュージック29曲が無料「アクションRPGミュージックパック 1」 / ゲームオブジェクトを再利用する「オブジェクトプール」 / 衝突時にイベントを発火させるスクリプト

スポンサーリンク

今日の無料アセット

 

  • f:id:assetsale:20180413180329p:plain  オススメ!

  • アクションRPGミュージックパック 1
    • 日本のゲームソングに影響された作曲家さんによるゲームソング素材集
      • 無料    【更新日】2018年4月12日
      • 参考:アンリアルマーケット価格($24.99)
  • f:id:assetsale:20180413202706p:plain

  • GameObjectPooler
    • ゲームオブジェクトを生成するときの負荷を軽減する再利用「オブジェクトプーリング」のスクリプト
      • 無料    【更新日】2018年4月12日
  • f:id:assetsale:20180413202719p:plain

  • Collision Propagators
    • 衝突時にオブジェクトへイベントを飛ばすことができるスクリプト
    • 非コーディングでゲーム開発する時の「衝突でスイッチを押す」などイベントの発火に使えます。
      • 無料    【更新日】2018年4月12日

 

f:id:assetsale:20180413120652j:plain

アクションRPGミュージックパック 1

オーディオ/音楽

VGcomposer

無料    【更新日】2018年4月12日

※アンリアルマーケットなら$24.99

 

日本のゲームソングに影響された作曲家さんによるゲームソング素材集です。

 

アクションアドベンチャーゲームやRPGにピッタリ合う楽曲が29曲!

森や街、お城、フィールド、洞窟などSFC〜PS1頃の雰囲気がする良曲ばかり。

 

2Dゲームにかなりオススメできるステキなゲームミュージックです。

 

Action RPG music pack - YouTube(3:59)

 

「森の村」と「旅」のサンプル2曲をピックアップ

  

インポートして全て聴いてみた

ダウンロード&インポートして全部聴いてみました。

サンプルに無かった曲が豊富!

良い意味でYoutubeのサンプルBGMと印象が違いましたよ。これはオススメ!

f:id:assetsale:20180413175809j:plain

SFC〜ネオジオ、PS、SS時代の懐かしい雰囲気。

RPGやアクションなど2Dゲーム作品に合う「思い出に残るゲームソング」だ!

 

ゲーム機から出力されたようなレトロっぽい音源で、MIDIとは別物な感じです。

バーチャル楽器、主にEWQL製品を使用して制作されました。

 

EWQL製品

初音ミクでお馴染みのクリンプトン社製品を活用して作られた作品とのこと。

↓は2004年の製品で、既に廃盤ですが「EWQL」製品による音楽ソフトウェアです。

クリプトン | EW/QL SYMPHONIC ORCHESTRA SILVER EDITION(音楽ソフトウエア)

 

ループ

連結ポイントがわからないほど綺麗にループします。

1曲あたり45秒〜2分30秒。

 

ジングル 6曲

RPGやアクションなど様々な場面で使える貴重なジングル。

・ゲームオーバー x 3

・レベルアップ x 1

・勝利 x 2

f:id:assetsale:20180413170540j:plain

 

トラックリスト

  • 街 x 4
  • ショップ x 2
  • 酒場 x 2
  • 森 x 3
  • 洞窟 x 1
  • お城 x 1
  • 島 x 1
  • 旅 x 4
  • バトル x 3
  • クレジット x 1
  • ミニゲーム x 1

 

セール情報

f:id:assetsale:20180413122251j:plain

UEのマーケットプレイスで同じタイトル名のアセットが「$24.99」で販売中です!

パッケージ内容の比較

Unity:Wave数 29

UE:Weve数 51 ※オーディオキューの数:29

 

Wave数だけ見ると、UEの方が多いです。

でも、オーディオキュー数が一致しているからわりと近い内容だと思います。

 

利用規約

このパッケージで利用可能な音楽は、あらゆる種類のプロジェクト、商業目的、または非営利目的で直接使用することができます。 それを使う前後に作曲家に尋ねたり、彼にクレジットしたりする必要はありません。

 

ドキュメント

すべての音楽は伝統的に表記され、バーチャル楽器、主にEWQL製品を使用して制作されました。すべてのトラックはステレオのみで、.wav形式で表示され、44.100 kHzと24ビットの分解能のサンプルレートを持ちます。ループは100%シームレスでノイズフリーです。すべてのピースの両方のトラック(左右)の波形は、ループの開始時と終了時に一貫しているため、ループの瞬間にデジタルノイズは発生しません。フォーマットの変換や圧縮が行われるとすぐに、ループポイントが正常に動作しなくなることがあります。ターゲットプラットフォームやその他のいくつかの要因によって、開発中のある時点でオーディオファイルが変換される可能性があります。これは、最終製品のループ時にノイズが発生することがあります。このドキュメントでは、ファイルを何らかの方法で変換または編集する必要がある場合に、ループ処理に役立つ詳細な時間データを各トラックに追加しました。終わりのループポイントの後、トラックはフェードアウトします。
すべての音楽は、ファイルを合理的に大音量にするためにオーディオ圧縮によって「正規化」されています。しかし、それがあなたの望むものなら、音量を上げる余地はまだまだあります。私はもはやそれらを圧縮しないだろうが、それは味の問題であり、あなたのプロジェクトはそれを必要とするかもしれない。

 

アセット説明(機械翻訳)

Unity 5.5.0以上が必要です。
これは、RPGやアクションアドベンチャーゲームの最も一般的な要件をカバーする一連の音楽トラックです。 また、いくつかの楽器効果音が含まれています。 これらのトラックのほとんどは、位置BGMとして使用され、シームレスでノイズのないループポイントがあるため、開発者は音楽ループを永遠に作ることができます。 このパッケージの楽曲は、古い日本のRPGの音楽に大きく影響されています。これは、この曲が非常に魅力的でメロディーであり、サブジャンルのプロジェクトでうまく機能することを意味します。 付属のマニュアルをお読みください。

 

 

パブリッシャーのアセット(記録用)

f:id:assetsale:20180413175305j:plain

  


 

 

f:id:assetsale:20180413180638j:plain

GameObjectPooler

スクリプト/機能統合

itchyOwl

無料    【更新日】2018年4月12日

 

ゲームオブジェクトを生成するときの負荷を軽減する再利用「オブジェクトプーリング」のスクリプトです。

 

オブジェクトプールについて軽めに解説

シューティングの弾の発射などで例えると、

「弾」「敵」「爆発」Prefabの生成と破棄の最適化です。

 

「弾」Prefabのインスタンスを作る時に「Instantiate」で作成したら、

スペックの低い環境だったり、メモリの使用量によっては画面がカクカクするほど重たくなる場合があります。

 

「弾」が画面から消えたら「Destroy」で消してしまうのでは無く、非表示にしておいて、再び「弾」を発射する時に座標やパラメータを全てリセットして、あたかも「Instantiate」で作られたように再利用する手法がオブジェクトプーリングです。

 

数百や数万など数が多かったり、Prefabが重たい場合によく使われます。

 

詳しくはUnityの解説サイト

第01回 オブジェクトプーリング · unity3d-jp-tutorials/2d-shooting-game Wiki · GitHub

 

GameObjectPooler - YouTube(0:43)

 

サンプルシーンを解説

 

 

f:id:assetsale:20180413182114j:plain

GameObjectPoolerDemo

f:id:assetsale:20180413182436j:plain

「PoolerExample」のPooler ExampleにセットされたPrefabが、

オブジェクトプーリングするサンプルシーンです。

 

Cubeを別のオブジェクトに変えてみるテスト

Element 0のCubeを別モノに変更する

Cubeをクマにしてみました。

普通にPrefabを入れ替えるだけでは作動しなかったので方法を書きます。

f:id:assetsale:20180413190621j:plain

BearのPrefabに3つのデモ用スクリプトをアタッチしました。

これはCubeやSphereにセットされているコンポーネントと同じですのでコピペしてもいいですよ。

 

1.自動的に移動して、1秒後に消滅する

2.範囲5の場所にランダム出現

3.スピード1でランダム移動

 

Auto DestructionのLite Timeが切れたときの処理が大切。

 

f:id:assetsale:20180413191034j:plain

 

Destroy()時に、「gameObject.Recycle();」

これでインスタンスをDestroy()してメモリから消すのでは無く、

リサイクルをかける重要な処理です。

 

生成するときf:id:assetsale:20180413181013j:plain

ver instance = prefab.Spawn();

instance.Recycle(go => ResetObject());

 

リサイクル時に、座標など初期化がかかり再利用できます。

 

生成と破棄を覚えれば活用できそうです。自作するより手っ取り早いかも?

パーティクルも再利用できるか気になりますね。

 

サンプル画像

f:id:assetsale:20180413180937j:plain

f:id:assetsale:20180413180942j:plain

 

アセット説明(機械翻訳)

Unity 5.6.0以降のバージョンが必要
GameObjectsのための効率的でエレガントなオブジェクトプーラー。このシステムは、完全に静的なヘルパークラスに基づいており、容易にアクセスできる拡張メソッドを備えています。ヘルパークラスは自動的にプールを管理しますが、フルコントロールのためにプールを直接使用することもできます。コメント付きのソースコードとサンプルが含まれています。

特徴:
- 何千ものオブジェクトを簡単に処理できます。
- 全自動。面倒な手動設定は不要です。
- 拡張メソッドで使いやすい:prefab.Spawn()でインスタンス化(prefab)し、go.Recycle()でDestroy(go)を置き換えます。
- 自動育児(オプション)。
- 需要による完成品の生産と解放。
- オブジェクトをリセットするためのコールバックとC#イベント。 Unityコールバックも同様に使用できます。
- オブジェクトの作成、破壊、アクティブ化、および不活性化に関する不要なイベント。

注意:
- このアセットにはイベントプロパゲーターが含まれています
- Collision PropagatorsもPrefabSpawnerスクリプトの削除版を使用しているため、Collision Propagatorsを使用する場合は、GameObjectPoolerをインストールする前にCollision Propagatorをインポートしてください。

 

 

パブリッシャーのアセット(記録用)

f:id:assetsale:20180413180837j:plain

全部無料アセットだ〜!

 

簡単に解説

f:id:assetsale:20180413200645p:plain

Ragdoll Copier

エディタ拡張/ユーティリティ

無料        【更新日】2018年4月12日

キャラクターのラグドールの設定を別キャラにコピーするアセット。

 

f:id:assetsale:20180413200933p:plain

Event Propagators

スクリプト/機能統合

無料        【更新日】2018年2月20日

イベントのコールバックに関するソリューション。

他のアセット「GameObjectPooler」や「Collision Propagators」に含まれるイベントを呼び出すコアスクリプトっぽい役割。

 

Unity 5.6.0以降のバージョンが必要
他のコンポーネントが使用するイベントを介してUnityコールバック(OnDestroyなど)を転送するための簡単なソリューションです。 これは、コンポーネントのデカップリングを向上させることを目的としています。 Event Propagatorを使用すると、コールバックを1か所で処理し、別の場所でコールバックすることができます。
アップデート(1.1):
アニメーションイベント用のプロパゲーターも含まれています。

 

f:id:assetsale:20180413193641j:plain

Collision Propagators

スクリプト/機能統合

itchyOwl

無料    【更新日】2018年4月12日

 

衝突処理とイベント転送のための使いやすく拡張可能なソリューションです。

※衝突時にオブジェクトへイベントを飛ばすことができるアセットです。

 

f:id:assetsale:20180407053936p:plain

先日紹介したUnity純正ゲームキット3D Game Kit [Beta]」で使えそうなアセット。

コーディングせず、オブジェクトが衝突(弾がスイッチに衝突)したら、

ドアが開く等のイベントを実行するようなプログラミングせず作る補助系のアセット。

 

Collision Propagators - YouTube(1:09)


「左クリックで青い円を移動します。

落下してくる円が赤い円に触れると白い円になってスリープ状態になります。

白い円に青い円が触れると緑色になって物理現象が再開されます」

という挙動をコンポーネントのみで制御する機能。

f:id:assetsale:20180413194558j:plain

衝突時に実行したいイベントシステム。

ゲームオブジェクトのActiveを切り替えるシンプルな内容。

(UIのボタンクリック時のイベントと似たもの)

 

 

インポートしたらエラーが発生した!という方へ

Collision Propagator」(無料)を使う場合の注意点

- Collision PropagatorsもPrefabSpawnerスクリプトの削除版を使用しているため、Collision Propagatorsを使用する場合は、GameObjectPoolerをインストールする前にCollision Propagatorをインポートしてください。

 

こちらを利用する場合、GameObjectPoolerがプロジェクトに存在した状態で、

インポートするとエラーが現れて頭を抱える事になります。

 

下記手順でインポートすると解消されます。

 

1.Collision Propagatorをインポートする

2.GameObjectPoolerをインポートする

 

実際にエラーが起きて悩んでましたが、この手順で対処できました。

 

サンプル画像

画像3枚  9秒で一周します。

f:id:assetsale:20180413195743g:plain

f:id:assetsale:20180413195748j:plain

f:id:assetsale:20180413195757j:plain

イベントトリガー管理クラス?かなり重要みたいですが、時間切れで調べられず。

 

アセット説明(機械翻訳)

Unity 5.6.0以降のバージョンが必要

Collision Propagatorsは、衝突処理とイベント転送のための使いやすく拡張可能なソリューションです。 コメント付きのソースコードとサンプルが含まれています。
特徴:
- イベントによる衝突の転送。
- C#とUnityEventの両方がサポートされています。
- レイヤーとタグによる衝突をフィルタリングします。
- ワンショットと自動破壊。
- コンテンツ管理をトリガーします。

利点:
- カスタム論理を衝突から分離することを容易にします。
- 生産性を向上させ、繰り返しスクリプトを削減します。 単純なケースでは、Collision Propagatorはスクリプト全体を1つのライナーで置き換えることができます。
Unityイベントを使用すると、Inspectorで衝突イベントに登録することができ、非コーディングワークフローが可能になります。
- ネイティブのC#イベントを使用することで、プログラマーのための優れた制御が提供されます(多くの場合、パフォーマンスも向上します)。

注意:
このアセットには、イベントプロパゲーター

UpdateNowは2D衝突もサポートしています。

 

 


 

【過去ログ】作者セール&注目アセット