Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

【Amplify Shader Editor】ノードベースでシェーダ作りのAmplifyを触ってみました。エディタの操作性、学習コスト、サンプルデモを大量に紹介!

スポンサーリンク

f:id:assetsale:20171121000324j:plain

アセットストアのお祭り大セール「ブラックフライデーセール

 

f:id:assetsale:20171127020103j:plain

Amplify Shader Editor

エディタ拡張/ビジュアルスクリプティング

Amplify Creations

$64.80 => $32.40    50%OFF    ※ 2017年11月22日 購入しました

 

Amplify Shader Editorはサーフェイスシェーダーをノードベースでエディットできるように拡張されたツールです。

 

f:id:assetsale:20171120045542j:plain

出典:Unity dojo amplifyshadereditor101_jpn-jp  6ページ

 

Amplify Shader Editorをインポートして少し触ってみました!

 

使用レポート

この記事は簡単な使用レポート記事です。

お待たせしてしまいすみません。

 

【最終日】ブラックフライデー(月曜16:59まで

本日最終日です!!

いつもの「22:00終了ではなく16:59終了」ですのでご注意ください。

 

ブラックフライデーの記事一覧はこちら

 

 

サンプルデモシーンをチェック

 

Amplify Shader Editor -> Officialに大量のデモシーンがあります。

f:id:assetsale:20171127021734j:plain

とりあえず一番上の「AnimatedFire」を開いてみました。

f:id:assetsale:20171127021739j:plain

 

f:id:assetsale:20171127022108p:plain

 

 

内部が超高温のファイアーボール。

炎のアニメーションをしていて面白い。凍り付くようなエフェクトも良い感じ。

 

パラメータ

FireIntensity:炎の強み

Smoothness:滑らかさ(アウトラインが白くなり凍ったように見える

TileSpeed:速度

f:id:assetsale:20171127022920p:plain

 

シェーダが開けそうなボタンを発見。

f:id:assetsale:20171127022850j:plain

 

エディタを開きました。スタイリッシュでカッコイイ!!

ワクワクしながら開発できるよ!

f:id:assetsale:20171127023647j:plain

 

Fireのテクスチャ。エディタ画面の状態でUVスクロールしていた。

f:id:assetsale:20171127023953g:plain

 

ノード選択&リファレンス

クリック選択すると説明が表示され、

リファレンスページへジャンプできるURL付きでサポートしてくれます。

f:id:assetsale:20171127024313j:plain

 

ジャンプ先のリファレンスページ

Unity Products:Amplify Shader Editor/Texture Sample - Amplify Creations Wiki

 

スクリーンショット

f:id:assetsale:20171127024555j:plain

f:id:assetsale:20171127024601j:plain

非常に丁寧に解説されていて、使い方の画像付き。

下部にはパラメータの情報もびっしり書かれてました。

「このノードって何?」が手軽に調べられるから学習しやすくて便利♪

 

エディタの操作性

エディタの操作性、100点満点!軽快に動作するエディタ。抜群に快適です。

マウス中央クリックで画面をつまんでスクロール。ホイールで画面の拡大縮小。

直感的な操作方法だ。

 

適当なノードを作る

出力から接続するラインを引っ張って空欄で離すと、手軽にノードが作れます。

↓何も考えずに適当に操作しています。

 

 

他のサンプルデモをいくつか紹介

 

NormalExtrusion

f:id:assetsale:20171127030757g:plain

 

DoubleLayerCarShaders

f:id:assetsale:20171127030920j:plain

 

ObjectNormalRefraction

f:id:assetsale:20171127030914j:plain

 

ParallaxMappingIterations

f:id:assetsale:20171127031425g:plain

 

ParallaxOcclusionMappingPOM

 

FakeWindow

 

ScreenSpaceDetail

f:id:assetsale:20171127032414g:plain

 

 

SimpleGPUInstancing

f:id:assetsale:20171127032615j:plain

 

Smear

f:id:assetsale:20171127032900g:plain

 

SnowAccum

f:id:assetsale:20171127032926j:plain

 

StencilExample

f:id:assetsale:20171127033108g:plain

 

Substance

f:id:assetsale:20171127033231p:plain

f:id:assetsale:20171127033153j:plain

f:id:assetsale:20171127033237p:plain

 

ParticlesTest

f:id:assetsale:20171127033423p:plain

f:id:assetsale:20171127033413g:plain

 

MaskedUI

f:id:assetsale:20171127033549g:plain

f:id:assetsale:20171127033607p:plain

 

PostProcessTest

f:id:assetsale:20171127033809g:plain

f:id:assetsale:20171127033840p:plain

 

Translucency

f:id:assetsale:20171127034003j:plain

 

Transmission

f:id:assetsale:20171127034038j:plain

 

Transparency

f:id:assetsale:20171127034116p:plain

 

TriplanarProjection

f:id:assetsale:20171127034159j:plain

 

TwoSideWithFace

f:id:assetsale:20171127034320j:plain

 

UVLightReveal

f:id:assetsale:20171127034326j:plain

 

VertexNormalReconstruction

f:id:assetsale:20171127034453g:plain

 

WaterSample

f:id:assetsale:20171127034534j:plain

 

WorldPosSlices

f:id:assetsale:20171127034613j:plain

 

説明無しでかなり端折りましたが、70%ほど掲載しました。

とにかくボリューム満点!!

 

これだけあれば徹底的にシェーダが学べるハズ!!!

 

本当はノードを作って紹介すべきですが、他のセールが紹介終えてないので次回。

 

 

最後に、

Amplify Shader Editorについて具体的な解説は以下2つのシートを参照ください。

 

オススメシート1

 

オススメシート2

 

 


 

 

サンプルアセット(再掲)

Amplify Shader Editorで作られた開発元によるサンプル。

ビル内装をシェーダでレンダリングする無料アセットです。 2017年11月20日に紹介

f:id:assetsale:20171120033355j:plain

f:id:assetsale:20171120033349j:plain

Fake Interiors FREE

シェーダー

Amplify Creations

無料(固定)    【リリース日】2017年11月16日

 

床、天井、小道具、壁のテクスチャだけあれば、ジオメトリを用意しなくてもシンプルなインテリア領域をレンダリングできる無料シェーダです。

 

2017年11月16日リリースの新作アセットです。

普段外からしか見ることの無い「建物の内装」を3Dモデルを持たずにフェイクをレンダリングするシェーダ。

 

Tired of real interiors? Come on down to the Asset Store and get some FREE real Fake Interiors! - YouTube(0:54)

3Dモデルでは重たい処理を再利用可能で軽量なエフェクトでレンダリング。

 

Amplify your Game! - YouTub(1:34)

 

サンプル画像

画像7枚  18秒で一周します。

f:id:assetsale:20171120044706g:plain

 

 

アセット説明(機械翻訳)

Unity 5.4.6以降のバージョンが必要
Amplify Shader Editorで作成されたFake Interiorsシェーダは、床、天井、小道具、壁のテクスチャを使用して、追加のジオメトリを使用せずにシンプルなインテリア領域をレンダリングする方法を提供します。完全にカスタマイズ可能で、再利用可能で軽量なエフェクトで、アセットに瞬時に深みを与えます。

当社の製品が実際に動作するのを見るにはここをクリック

以下のスクリーンショットやビデオで使用されている高品質の都市風景を提供するPolyPixelに感謝します。彼らの提供についての詳細はこちらをクリックしてください。
特徴
•フレキシブルルームコントロール
•ファサード+平滑度
•プロップレイヤー
•カスタムルームとプロップテクスチャ
•部屋の明るさと色合いコントロール
Amplify Shader Editorを使用して完全に編集可能

Fake Interiorsシェーダはほとんどすべてのタイプのオブジェクトで動作しますが、アセットに最も適したルーム分割、テクスチャタイル、オフセット値を調整する必要があるため、ユーザ入力が必要です。この技術は、環境や背景のオブジェクトに最適です。暗い部屋は、シンプルなインテリアテクスチャに注意を向ける代わりに、環境の反射を引き出すために最適です。

Official Wiki Pageでもっと学んでください

私たちはあなたの話を聞いて、あなたの仕事を促進し、特徴づけるのを手伝いたいと思っています。

 ※問い合わせ先は迷惑メール防止の為省略しております。

 

 

ブラックフライデーの記事一覧

  1. ブラックフライデーセールで登場予定のアセットまとめ

  2. アセットストアの大セール『ブラックフライデーセール』TOP68のアセットキャプチャ&ピックアップ紹介

  3. Vol.2 簡単セットアップでキャラクターを操作可能にする6種類のアセットまとめ 「トゥーンシェーダ(無料あり)」「部位のゆれ」も紹介 

  4. Vol.3 格好いい魔法エフェクトが新たに追加されました! / 画面にリアリティを持たせるポストエフェクト。4アセット紹介

  5. Vol.4 地形作りの大人気エディタ「Gaia」「CTS」「MapMagic」「Voxelan」を紹介

  6. Vol.5 リアルな物理アニメーションでGTAが作りたい「Advanced Tools」「Mega Wires」「Edy's」「Realistic Car」を紹介

  7. Vol.6 地形&空エフェクトまとめ「World Stream」「Real World Terrain」「AQUAS」「Enviro」「シティー&テラス」「Stylized Nature」

  8. Vol.7 『投影タイプ、頂点ペイントなどデカールエディタ / 美しいUIテンプレート / ライン』”デザイン”に関する6アセット紹介

  9. Vol.8 ボイスに連動したキャラクターのリップシンク、RPG開発エディタ、カットシーンエディタなど全8アセット紹介

  10. Vol.9 「顔器官検出」をして顔と顔を入れ替えたり、リアルタイムに顔にデコレーションする「Dlib FaceLandmark Detector」他4アセット紹介

  11. Vol.10 uGUIで使える多機能UIウィジェット集 / 675個の絵文字フォント&エディタ / VR & AR & Webカメラ開発に大切なカメラスクリプト

  12. 【Black Friday Sale 最終日】Vol.11 ファンタジー、キャラ、FPS 3Dモデル素材集。6種類のアセットを紹介!

 

タグ検索による「ブラックフライデー」記事リストはこちら