Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

【無料アセット】ライブ会場のライティングみたい!肉眼で確認出来る微粒子と照明をシミュレートするボリュームライトの凄いエフェクトが新作無料で登場!「Aura - Volumetric Lighting」

スポンサーリンク

今日の無料アセット

 

  • f:id:assetsale:20180303025615p:plain

  • Aura - Volumetric Lighting
    • 肉眼で確認出来る微粒子と照明をシミュレートするボリュームライトのエフェクト
    • 動作環境は「WindowsとDirectX11」
    • MacOSやモバイルでは動作しません。
      • 無料    【リリース日】2018年3月1日

 

お知らせ

MacOSユーザー、モバイル開発者さん必見!

ゲーム開発に役立つ素敵な海外サイトを発見しました。

かなり面白いシェーダが豊富で、実際に使えるソースコードがダウンロードできますよ。

シェーダ以外にもキャラクター作成や色関連、モデリングなど、

ゲーム開発の絵作りを高める技術的なチュートリアルサイトです。

 

トゥーン系の絵作りをされる方は特にオススメできる情報だと思います。

記事後半をチェック!

 

 

お知らせ2

Unity Plusライセンス契約で$200お得になる豪華なイベント開催中♪

Triple boost With Unity Plusイベント    【開催期間】2018年3月31日まで

Plus、Proユーザーなら20%OFF大セール中


 

 

f:id:assetsale:20180303025624j:plain

Aura - Volumetric Lighting

シェーダー

Raphael Ernaelsten

無料    【リリース日】2018年3月1日

 

肉眼で確認出来る微粒子と照明をシミュレートするボリュームライトのエフェクトです。

とても美しい太陽光、ライティングを表現したいときに手軽に使えるエフェクトです。

 オーラは、環境媒体中の光の散乱と、この環境に存在するが眼球/カメラには見えない微小粒子の照明をシミュレートする。
この効果は「容積霧」とも呼ばれます。

 

エフェクトOFF

 

エフェクトON

うわぁああああ!超キレイ!

OFFの何も無い景色とは大違い。

太陽の光が神々しくて、木漏れ日の景色が美しい。

 

無料でこのエフェクトが手に入るなんてちょっと凄すぎるぞ!

 

 

インポートに時間がかかる

主なComputeShaderには、さまざまなバリエーションがあります(パフォーマンス目的のため)。これにより、コンパイル、つまりUnityでのパッケージのインポートが、長い時間(通常20分から1時間)かかる場合があります。

 

説明の時間本当?と思ってインポートしてみたら、本当でした。

すぐに試そうと思ってインポートしてますが30分経った今も返ってきません。

 

コンパイルが延々と続くので、その間Unityに触れる事ができなくなります(汗)

インポートは他の用事がある時に行いましょう。

 

サンプルシーンは4つ

インポート完了。とりあえず動かしてみた。

f:id:assetsale:20180303044136j:plain

アセット説明「WindowsとDirectX11環境以外は動作保証されていません」

 

です。

残念ながらMacOSやモバイル環境などは動作しません!

という事をインポート後に気付きました。残念;

(ユーザーレビューにもそれっぽい投稿をした方が居ました)

 

 AuraはWindowsとDirectX11で開発され、テストされました。
それがうまくいかないという確定的な理由や批判的な理由はないはずですが、他のプラットフォーム/グラフィックAPIは現在保証されていません。

 

ドキュメントを読んだ感じでは、かなり手軽にセットアップできるみたい。

 

Hierarchy

Aura->VolumeとLightが扱えるようになりました。

微粒子の影響とライティング・・・

Windows環境の方は是非お試し下さい!最高の無料アセット。

f:id:assetsale:20180303050508j:plain

f:id:assetsale:20180303050511j:plain

 

Aura - Reveal Teaser - YouTube(1:50)

 

 ▶あらゆる種類のライトがサポートされています
    
▸フルシャドウサポート(1/2/4方向カスケード、スポット、ポイント)
    
▸Cookieのサポート
▶ボリューム注入(グローバル、平面、ボックス、球面、円柱、円錐):
    
▸密度注入
    
▸異方性注入
    
▸カラーインジェクション

 

Auraエフェクト On/Offの比較動画

Aura - On/Off Comparison - YouTube(1:50)

冒頭で紹介した動画はこちらです。

フルスクリーン&高画質でご覧ください!

 

サンプル画像

画像9枚  18秒で一周します。

f:id:assetsale:20180303030108g:plain

 

GitHubでのダウンロード数 10,000オーバー

 

かなり有名なアセットみたいですね。

 

 

無料アセットである理由

f:id:assetsale:20180303051313j:plain

 

研究用で開発された技術で、それをみんなにシェアしかったからとのこと。

値段を付けるとしたら$40の価値があるアセットです。

 

動作確認してませんが、動画を見ただけでも$40クラスのアセットだと思います。

 

 

アセット説明(機械翻訳)

Unity 2017.2.0以降のバージョンが必要

AuraはUnityのためのオープンソースの容積照明ソリューションです。
開発はGitHubでホストされ、最新のパッケージはAsset Storeに公開されています。

オーラは、環境媒体中の光の散乱と、この環境に存在するが眼球/カメラには見えない微小粒子の照明をシミュレートする。
この効果は「容積霧」とも呼ばれます。

特徴 :
▶不透明/透明ジオメトリサポート
▶パーティクルの照射、かぶり、濃度
▶前進/後退で動作する
▶LDR / HDRで動作する
▶リアルタイムで品質/性能を完全にスケーラブルに
▶あらゆる種類のライトがサポートされています
    
▸フルシャドウサポート(1/2/4方向カスケード、スポット、ポイント)
    
▸Cookieのサポート
▶ボリューム注入(グローバル、平面、ボックス、球面、円柱、円錐):
    
▸密度注入
    
▸異方性注入
    
▸カラーインジェクション
▶ボリュームテクスチャのサポート
▶ダイナミック4Dノイズのサポート
▶エディタでのリアルタイムプレビュー
▶完全にコメントされた情報源

Auraは厳密には、以下の要素を完全にサポートする必要があります。
▶レンダリングテクスチャ(3Dも同様)
▶Texture2DArrays
▶ComputeShaders
これらの要素のサポートが特に低いプラットフォームでは制限されていないことを確認してください。

AuraはWindowsとDirectX11で開発され、テストされました。
それがうまくいかないという確定的な理由や批判的な理由はないはずですが、他のプラットフォーム/グラフィックAPIは現在保証されていません。

注意:
主なComputeShaderには、さまざまなバリエーションがあります(パフォーマンス目的のため)。これにより、コンパイル、つまりUnityでのパッケージのインポートが、長い時間(通常20分から1時間)かかる場合があります。
輸入が完了するまで、一貫性を犠牲にしてはいけません。
あなたがユニティを殺したか、輸入中に何かトラブルがあったなら、あなたは "NullReference Exception"を得るでしょう。ファイルAura / Shaders / ComputeShaders / ComputeDataComputeShader.computeを再度インポートします。

詳しくは、GitHubの開発ページにアクセスして、機能リクエストやバグレポートをご覧ください。

開発スレッドはUnityフォーラムでもご覧いただけます。

私に連絡してください:@RaphErnaelsten

私はあなたがオーラを楽しむことを願っています!
気分を共有してみてください!
 

 

 

パブリッシャーのアセット(記録用)

f:id:assetsale:20180303025627j:plain

 

オマケ

 

 

MacOSやモバイルの人でも実用できそうな情報かも!?

とても良さげな素敵なサイトを発見しましたよ。

 

ツイッターの動画

Auraについて調べていたら

 

Aura - Volumetric Lightingめっちゃ簡単に追加できた」

 

にゃんこが戦うアクションゲーム「Astro Kat

Auraのボリュームライトが絶妙にマッチしていて、ステキなエフェクトだと確信。

 

「このにゃんこ可愛いなぁ」って思いながら公式サイトを見ていたら・・・

 

 

面白シェーダが豊富な役に立つサイトを発見!

 

Auraもすごいけど、このサイトも負けてないくらいスゴイです。

 

f:id:assetsale:20180303034110j:plain

出典:Tutorial List(Updated) | Minions Art on Patreon

 

先ほどのネコが主役のゲーム「Astro Kat」の映像技術が学べるみたいなチュートリアルサイト。

 

トゥーン、ライティングの設定、シェーダ言語、モデリングなど豊富に学べることと、

シェーダなら実際に使えるように、

ソースコードもダウンロードできるようになっていました。この作家さんスゴイ!

 

ステキな絵作りの技術的な解説と、↑と同じ事が出来そうなソースコードがDLできる!

Unityの参考書1冊は軽く超えるほど役に立つ知識が学べるスペシャルサイト。

即ブックマークしました。

 

サイトはこちら

Tutorial List(Updated) | Minions Art on Patreon

 

 

例えば、トーンに最適なライティングの設定方法だったり、

f:id:assetsale:20180303034929j:plain

続きはこちら:Extra: My Setup in Unity | Minions Art on Patreon

 

ホログラムシェーダーも

f:id:assetsale:20180303041745j:plain

出典:Quick Game Art Tips - Unity Hologram | Minions Art on Patreon

「ホログラム」の解説とソースコードも発見しましたよ。

 

全てお伝えできない程豊富にあります。

  • キャラクターの作成
  • ステンシルバッファ
  • ライティング
  • シェーダ言語(ソースコード付き)
  • 色/テクスチャ
  • モデリング

 

ぜひチェックしてみてください。ゲーム開発の役に立つはず!

 

サイトはこちら

Tutorial List(Updated) | Minions Art on Patreon

 

 


 

【過去ログ】作者セール&注目アセット