Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

【新作アセット】地形シェーダーで有名なCTSが新Unityの「LW SRP / HD SRP」「Instancing」に対応しました!シーンの見た目をライブラリから素早くチェンジしたり、最大16個のPBRテクスチャの1パス高速処理など、最適化&ルックス 地形シェーダー「CTS 2019 - Complete Terrain Shader」#Unity

スポンサーリンク

f:id:assetsale:20190302222634j:plain

CTS 2019 - Complete Terrain Shader

エディタ拡張/地形

Procedural Worlds

$61.56 => $21.60    65%OFF(アップデート割引)【リリース日】2019年3月2日

 

Gaiaの作家さんによる、美しい地形作りと最適化のパワフルな地形シェーダーです。

 

新CTSはUnity2018.3から導入された2点、

「軽量レンダーパイプライン(LW SRP / HD SRP)」「Instancing」に対応しました。

 

旧バージョンの問題点が改善した

「Unity2018.3xから新しくなったTerrainシステムでCTSがレンダリングできない

この問題に対応したのがCTS 2019 の大きなポイントのひとつです。該当URL

 

 

アセット概要

・PBRテクスチャライブラリからシーンの外観をチェンジ

・スライダー操作で見た目の微調整

・ 1パスで最大16個のPBRテクスチャが使用可能(Unityの地形ツールより高速)

・ 実行中に動的に雪に変化させたり制御が効く

・ Unity2018.3x以降のCTSレンダリングに対応  NEW!!

・「LW SRP / HD SRP」対応   NEW!!

・「Instancing」対応   NEW!!

 

 

通常価格 $57.00(税抜き)

 


 

 

以下6つの動画は「旧CTSと同じ動画」です。

 

CTS - Swamp Demo - YouTube(3:30)

R.A.Mの作家さんによるCTSの紹介動画

 

CTS - Snow Demo - YouTube(3:59)

 

Integration : Gaia + CTS + Enviro + AQUAS - YouTube(2:52)

 

イントロダクション

CTS Introduction - YouTube(13:38)

CTSの簡単な説明。

イメージとしては、画面全体にエフェクトをかけるポストエフェクトのように、

Profileを作成して、地形に対して変化を与えるのがCTSの役割のひとつ。

 

例えば

  • テクスチャのディテール調節(AO、UV、地形や草の色など)
  • 雪を積もらせる
  • 天候システム(雨や雪を降らすことも)※ サードパーティ対応
  • 地面の濡れ
  • 地形のくり抜き(マスク画像で洞窟を作る)
  • 1パスで最大16個のPRBテクスチャをレンダリング(最適化)
  • テクスチャライブラリから見た目をガラッと変える機能(48種類ある)
  • 季節の表現
  • ゲーム中に動的に変化を与える

 

 

チュートリアル1

Tutorial 1 : Enhancing your terrain with CTS - YouTube(19:44)

はじめに続いて、CTSを使用して既存の地形を強化する方法を説明します。

 

Tutorial 2: Managing Textures with CTS - YouTube

高さのブレンドやテッセレーションの設定など、CTSで地形テクスチャを追加、修正、削除、および使用する方法を説明します。

Tutorial 3 : Using ColorMaps with CTS - YouTube

CTSでカラーマップを使用する方法を説明します。

Tutorial 4 : Creating holes in your terrain with CTS - YouTube

CTSでカットアウトを使用して地形に穴を開ける方法を説明します。

 

 

Testimonial : Jon O'Neal - Lead Environmental Artist - Crowfall - YouTube(1:58)

 

 

HD SRPに対応した動画

パブリッシャーのYouTubeチャンネルから見つけました。

HD SRP - Meadow Environment - YouTube(3:02)

※ アセットストアには掲載されてない動画です。

 

使用されている環境モデル「Meadow Environment - Dynamic Nature

Vegetation Studio Pro対応。バイオームも使えるフォトリアルな大自然素材。

 

オススメの地形アセット集

先ほどの動画に出てくるアセットなど、

Unityの地形作りをするための人気アセットを紹介します。(2019年3月3日時点)

 

  1. Vegetation Studio Pro:木・草の配置 & 最適化
  2. R.A.M – River Auto Material:川ツール&シェーダー
  3. Gaia:スタンプで作る地形ツール(そろそろ新しくなる予感)
  4. GeNa 2:地形上に木・草・他オブジェクト配置
  5. CTS 2019 - Complete Terrain Shader:地形表面の質感シェーダ&最適化
  6. Path Painter:地形に道を作る(川底の凹みと塗りも綺麗に素早く作れる)
  7. EasyRoads3D Pro v3:道路エディタ
  8. Enviro - Sky and Weather または UniStorm:天候システム

 

Unityの地形アーティストを目指すならチェックすべきアセット達です。

ブログでも度々紹介したアセットばかりです。詳しくはここから検索してください。

 

 

 

新機能比較(新作、旧作の違いとは?)

大きな更新は、表題でお知らせしたように

「LW SRP / HD SRP」「Instancing」この2点が対応した事です。

それ以外で何が変わったかについてさらに深いレベルで調査しました。

 

アセット説明文を比較

新作、旧作ともに似ていたので、Diffで差分比較してみました。

 

① Unity 2018.3以降をサポート

- Unity 2018.3+ support
- Unity 2019.1.0+ support
- 2018.3+ Instancing support;
- 2018.3+ LW SRP 4.2 - 4.8 support;
- 2018.3+ HD SRP 4.2 - 4.8 support;

 

② Substanceの注釈が消えました。

 - Substance Support;

 

旧CTSの注釈↓

- Substance Support - see note (#2) below;

 

注2:メッシュはサポートされていますが、CTSで使用されるテクスチャとスプラットの配列を生成して設定するためのワークフローは、テレインベースのワークフローです。 ただし、プロセスの最後のステップとして、テレインを削除してメッシュと置き換えることはできます。 もっと明確にしたい場合は、Discordチャンネルをご覧ください。

 

これも大きな変化の1つで、リリースノートに含まれていました。

ただ具体的にはよくわからない。

 

「CTS 2019」リリースノート

f:id:assetsale:20190303051750j:plain

First release of CTS 2019. Biggest new features include support for Unity 2018.3, terrain instancing, LW and HD SRP, and Substance.

 

新機能

  • Unity 2018.3 +
  • terrain instancing(複数のメッシュを高速に描画可能にする機能)
  • LW and HD SRP(軽量レンダーパイプライン)
  • Substance  ← これ

 

 

方針:Unityのリリースサイクルに合わせて更新

 CTS 2019はUnity 2019リリースサイクルの間サポートされます、そして将来のCTSバージョンは将来のUnityリリースサイクルのためにわずかなアップグレード料金を必要とするでしょう。

注3:CTS 2019はUnity 2019.xリリースサイクルを完全にサポートしますが、新しいUnityの各リリースはサポートするのが面倒です - 従ってUnity 2020以降のためにわずかなアップグレード料金がかかります。

 

Unity2020がリリースされれば、パブリッシャーには膨大なコストがかかります。

そのためアップデートが行われる毎に料金を必要とする考えを述べました。

 

アセットストアの地形シェーダーで最も人気のアセットですし、

常に新技術を取り入れてUnityを盛り上がるアセットになる事を期待してます!

 

 

旧バージョンは終了へ向かう事に...

f:id:assetsale:20190302223616j:plain

2019年3月2日時点

新旧、両方のアセットが存在してますが、

旧CTSのアセット説明文によると、サービス終了に向かっていることが判明しました。

 

END OF LIFE

CTS 1.xは生産終了に近づいており、すべての新しい開発はCTS 2019に集中しています。CTSを初めて使用する場合は、代わりにCTS 2019を購入してください。既存のお客様はアップグレードを検討してください。 CTS 2019は現在、インスタンス化と新しいLWおよびHD SRPをサポートしています。 CTS 2019はここにあります。

 

 

 

アセット説明(機械翻訳)

Unity 2018.3.0以降のバージョンが必要

 

Unity 2018.3以降およびUnity 2019.x用のCTS 2019へようこそ。

 

CTS 2019では、新しい化学物質コンポーネントを介して化学物質のサポートが追加され、インスタンス化とともに3つの新しいシェーダセットが提供され、組み込みのLW SRPおよびHD SRPプレビューバージョン4.4〜4.8がサポートされます。 UnityがこれらのAPIを安定させるにつれて、それらをサポートするためにCTSの新しいバージョンをリリースする予定です。

CTS 2019はUnity 2019リリースサイクルの間サポートされます、そして将来のCTSバージョンは将来のUnityリリースサイクルのためにわずかなアップグレード料金を必要とするでしょう。


NatureManufactureとProcedural WorldsのコラボレーションであるCTSは、私たちの総合的な専門知識を組み合わせて、強力で使いやすい地形シェーディングシステムを作成します。

 

CTSにはプロのPBRテクスチャライブラリが付属しており、クリックするだけでシーンの外観を即座に変更したり、実行時に微調整して環境を適切に調整することができます。

 

主な機能:

- Unity 2018.3+ support

- Unity 2019.1.0+ support

- 2018.3+ Instancing support;

- 2018.3+ LW SRP 4.2 - 4.8 support;

- 2018.3+ HD SRP 4.2 - 4.8 support;

- 1パスで最大16個のPBRテクスチャセット - 高速。

- 標準的なワークフロー - 互換性があり簡単

- UVミキシング - タイリングを取り除きます。

- 地質層 - 興味を追加します。

- 詳細ミキシング - 興味を追加し、タイリングを減らします。

- ダイナミックスノーカバー - スライダー付き。

- ダイナミックスノーグリッター - スライダー付き。

- ダイナミックウォーターカバー - スライダー付き。

- Height Blending - 相対的なテクスチャーブレンド

- ライト、ベーシック、アドバンスト&テセレーション。

- アンビエントオクルージョン - リアルな影

- ColorMaps - 地形の色付けを強化しました。

- GrassMaps - 草からの色合いのカラーマップ。

- カットアウト - 高さとマスクベース。

- メッシュサポート - 下記の注(#1)を参照。

- プロファイルベース - Unity Post FXに似ています。

- テクスチャライブラリ - 48の品質セット、20のヘルパー。

- プロファイルライブラリ - 一致したプロファイルセット。

- Substance Support;

- メガスキャンテクスチャサポート。

- MapMagicとランタイム地形。

- 天気 - 濡れと雪をシミュレートします。

【Seasons】季節ごとに地形を色付けします。

- サンプルシーンが含まれています(モデルを除く)。

【VR対応】

 

テクスチャ制御単位:

- アルベド、ノーマル、滑らかさ、粗さ、高さ、AO;

- 遠近タイリング - タイリングを減らします。

【色合い&マッチング&季節変動】

【明るさ】テクスチャマッチング

- 滑らかさ - 反射&濡れ

- 高さのブレンド - 相対的なテクスチャの高さ。

- 高さの深さ - 相対的なテクスチャの深さ

- Triplanar - これ以上ひどい崖はありません。

- ディテール強度 - 必要に応じてそれを使用してください。

- ジオ強度 - 必要に応じてそれを使用してください。

【積雪量】積雪量をコントロール

- 雪/水 - 角度、高さ、硬さ。

- 雪/水の色合い - 用途によって色が異なります。
【カラーマップの強度】遠近

- カラーマップマスキング - 制御マップ。

 

お客様の言葉:

「うわー、驚くべき結果。私の同僚は、私がこれをやったとは信じられませんでした。」

「最高のシェーダー地形、5時間で最高のサポートの回答。」

「これが最善の解決策であり、私はそれらをユニティアセットストアで試してみましたが、CTSだけが望んだ結果を得てくれました。」

「地形にCTSを追加し、プロファイルを作成し、いくつかの追加のテクスチャマップ(高さ、スペック、aoなど)を追加して、地形が飛び出すのを確認してください。」

「Unityでテレインを使用する場合、これはデフォルトスタックの一部と見なされるべきです。ごくわずかな労力で、テレインのグラフィックパフォーマンスを10倍向上させることができます。これは不可欠です。」

 

ハードウェアサポート

- シェーダーモデル3.5+(ベーシック+アドバンスト)。

- シェーダーモデル4.6+(テッセレーション)。

- ダイレクトX 11/12

- GL ES 3.0を開く。

- WebGL 2.0。

- 金属;

 

シェーダはテクスチャ配列のサポートによって制限されているため、DX9、OpenGLES 2.0、またはWeb GL1.0をサポートしていません。

 

注1:メッシュはサポートされていますが、CTSで使用されるテクスチャとスプラットの配列を生成して設定するためのワークフローは、テレインベースのワークフローです。 ただし、プロセスの最後のステップとして、テレインを削除してメッシュと置き換えることはできます。 もっと明確にしたい場合は、Discordチャンネルをご覧ください。

 

注2#2:CTSは速いですが、動的分岐をサポートしていない古いカードではこれに問題がありました。購入する前にデモをダウンロードして実行して、あなたのシステムに互換性があることを確認してください。

 

注3:CTS 2019はUnity 2019.xリリースサイクルを完全にサポートしますが、新しいUnityの各リリースはサポートするのが面倒です - 従ってUnity 2020以降のためにわずかなアップグレード料金がかかります。


 

当社の製品スイートの一部:

環境専門家として、NatureManufactureとProcedural Worldsにはもっとたくさんのものがあります。これが私たちのツールとコンテンツのほんの一例です。

 

Gaia - 低ポリモバイル、VRからハイエンドデスクトップまで、シーンを作成、テクスチャリング、植え付け、そして作成するための世界世代のシステム。

 

GeNa 2 - 直感的に細かい粒度の制御を行うことで、Gaiaの幅広いブラシストロークを補強する洗練されたローカライズレベルのデザインツール。

 

Path Painter - パス、道路、傾斜路、河川敷などを簡単にペイントできる強力で直感的なパスペイントツール。

 

Pegasus - 道に沿って何かを動かすことができるシステム。カットシーンに最適で、あなたのNPCや動物たちのためのフォーメーション、アニメーションそしてローカル回避をサポートするアンビエントアイもあります!

 

R.A.M. - あなたの地形を装飾するためのスプラインベースの川作成ツール。

 

Mountain Trees - あなたのシーンに興味を追加するために見事な木のコレクション。

 

Advanced Foliage Pack - あなたのシーンを生き生きとさせるための豪華な葉と地面のテクスチャのコレクション。

 

 

もっと知りたい ?

Unity Forum
CTS Tutorials
Have A Chat
Ticketed Support

 

CTSは以下の間のコラボレーションです。

- NatureManufacture - Facebook &
- Procedural Worlds - Facebook

 

継続的なご意見とご支援をいただいたAmplify Creations、アーティスト、ベータチーム、そしてコミュニティに感謝します。

 

 

パブリッシャーのアセット(記録用)

f:id:assetsale:20190302223448j:plain

 

おまけ情報

新作無料アセット

ファンタジーキャラの無料化でおなじみの作家さんのアセット。

 

 


 

お知らせ

「ブログはただいまお休み中」の件、実はまだ片付いてません💦

 

3月中頃になれば手が空くので(たぶん)

今回の新CTSを購入して、使い方の記事作れたらいいなって思ってます。

 

 

【毎日更新】アセット割引情報サイト

毎日リアルタイム更新。

「作家セール、無料アセット、新作アセット」お得な最新情報を入手しよう!

f:id:assetsale:20181014095721j:plain f:id:assetsale:20181014095824j:plain

※ 土曜・日曜・月曜はアセットストアのお休み。

 

 

2018年度 イチオシアセット

バーチャルYoutuberシロがご紹介する2018年度のオススメアセット

 

過去セールから神アセットを探す

過去大セールで登場したタグです。ぜひご活用下さい。

f:id:assetsale:20180430173156j:plain

※右サイドバーの「月別アーカイブ」や「タグ」からチェックすることもできます。

 

アセットの検索方法

f:id:assetsale:20171128032556j:plain

過去記事検索」(直リンク)から素早く検索画面に行けます。

アセット名、パブリッシャー名など入力してご活用下さい。

 ↑ ブックマークしておくと超便利!オススメ

 


 

 

【2018年度】無料化&無料アセットまとめ

 

【3Dモデル】

【シェーダ・パーティクル・Skybox】

【テクスチャ&マテリアル】

 

【エディタ&スクリプト 前編】

 

【エディタ&スクリプト 後編】

 

落ち着いた頃に2018年度の無料まとめ記事作ります。

 

【過去ログ】無料アセット

【過去ログ】作者セール&注目アセット