Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

【新作アセット】ボーン有り無しでも揺らす事ができる期待の揺れものアセット!アップデート後のリベンジ記事 v1.1.0から2Dモードが追加 UI&スプライトに対応「Tail Animator」

スポンサーリンク

f:id:assetsale:20180728204756j:plain

Tail Animator

スクリプト/アニメーション

FImpossible Games

$16.20    【リリース日】2018年7月18日     【更新日】2018年7月27日

 

ウェイブする尻尾、触手のようないびつな形、マントの揺れなど、

物理的な「揺れもの」アニメーションを実装するスクリプトです。

 

最新バージョンでは「スプライト&UI」を揺らす機能が実装されました。

魚の群れを表現することも可能に!

 

2018年7月20日

ユニティちゃんと魚にセットアップしてみるものの上手くいきませんでした。

今回はリベンジ戦です。

  


 

 アセットストア公式イベント情報(あと3日)

f:id:assetsale:20180703044252j:plain

購入額に応じて人気アセットが無料でゲットできるイベント第二弾開催中!

 

今回のテーマは「IK制御」と「SF」

 ・「Bio IK」($30達成で無料化

バーチャルYoutuberができちゃうパワフルなIK制御アセット。

ゲーム中で指定したポイントにキャラの腕や指先をスムーズに動かせるエディタだ!

※ 「イベントページエントリーしてから購入することをお忘れ無く!

対象アセットまとめ記事:こちら

 

【イベント開催期間】2018年7月1日〜7月31日(火)まで 

 詳しくは記事最下部をチェック!


 

 

 

 

大変お待たせしました!

結果報告

 

アップデートが入りましたので早速試してみました♫

 

前回、上手く動作しなかった謎の挙動...

 

アップデート版で試してみたら、一発で綺麗に決まりましたよ!( ゚∀゚)ノ

 

f:id:assetsale:20180728193819g:plain

圧倒的に簡単になっていた! パラメータ調整無しでコレ↑

 

2018年7月20日に紹介

やはり値上がりしちゃいましたね。$10.80 => $16.20   50%UP

 

セットアップ

Dynamic Boneと同じタイプで、

スクリプトはどこに配置してもOK!

 

Tail Boneに「ユニティちゃんの髪」をセットするだけで揺れてくれます。

f:id:assetsale:20180728192527j:plain

パラメータの設定をせず、冒頭のGIFアニメっぽい挙動になります。

Dynamic Boneより安くて、同等の挙動が出せるとかヤバすぎる...。

 

自動で揺らす

 

f:id:assetsale:20180728201905g:plain

Auto Wave設定にすると自動的に揺れます。

 

f:id:assetsale:20180728201931j:plain

揺れの速度、範囲、角度など細かく設定が可能。

 

用途イメージ

・風で揺れ動く表現

・犬が喜んだ時の感情表現で「尻尾を激しく振る」みたいに、尻尾や触手持ちキャラの演出に使える!

ちなみにゲーム中、動的にパラメータの変化に対応します。

 

もっと激しく

f:id:assetsale:20180728203359g:plain

シュール過ぎる。笑

 

パラメータで遊んでみた

f:id:assetsale:20180728194514j:plain

Position Speedの値を小さくすると、髪がすごい伸びる!!

f:id:assetsale:20180728194841g:plain

元に戻ろうとするスピードが遅くなるから、伸びる伸びる。

病みつきになる面白さ。

これだけでもゲーム要素に活かせそうですね。

 

ユニティちゃんを可愛い巻き髪にする

連続するボーンにツイストする機能を発見!

f:id:assetsale:20180728222205g:plain

ボーンをツイストして巻き髪にする面白い機能がありました。

 

f:id:assetsale:20180728221755j:plain

「Tuning Parameters」の項目

「Auto go through all bones」と「Rolled Bones?」の両方をONにすると、

簡単にツイストができます。

 

前回敗北した魚で再挑戦

 

無料化した魚素材「Underwater life deluxe」で再度試してみました。

2018年7月18日に紹介

まだまだ無料で配信中。作家さん太っ腹!

 

こちらも大成功!

f:id:assetsale:20180728210141g:plain

例のギザギザ現象は一切起こらなくて、

気持ちいいほど軽やかな動きになってくれましたよ!!

 

f:id:assetsale:20180728210521j:plain

 

「Waving Axis」が重要です。

尾びれを揺らすときの角度を指定します。

f:id:assetsale:20180728214355j:plain

この鯉の場合はY軸変更で泳いでいるように揺れてくれました。

 

f:id:assetsale:20180728214602g:plain

手動で回転を加えて、対象ボーンと軸を探すと楽です。

 

 

衝突実験

1時間ほど触ってみて、なんとなく理解しました。

 

まずデモシーンのここから「衝突」する事を知りました。

ColliderならBoxでもSphereでもcapsule、何でもいけます。

f:id:assetsale:20180729010929g:plain

 ↑ の作りを調べてみたところ、

 

f:id:assetsale:20180729011322j:plain

「Congigurable Joint」コンポーネントで、地面とジョイントしていて、

Rigitbodyでサンドバックみたいな感じになっていることがわかりました。

f:id:assetsale:20180729011325j:plain

 

揺れコンポーネントを外して衝突すると...

 

f:id:assetsale:20180729011844g:plain

揺れ無しでも揺れている様に見える。

 

つまり「Congigurable Joint」で全体が揺れることで、

移動量でTail Animatorの揺れ機能が働き、ふにゃりと揺れる仕組みがわかりました。

 

 

キャラクターに使える?

ユニティちゃんの髪など、キャラの一部分を衝突で揺らすケースは、

現時点ではおそらく出来ないと思います。

 

ですが、まだリリースしたての新作アセット。

これからの機能追加でさらに進化することを願っています!m(_ _)m

 

できれば「Dynamic Bone」の衝突機能(球体)(平面)のように、

髪やスカートが、体の一部にめり込まないようなスペシャル機能が欲しいです。

f:id:assetsale:20180729015303g:plain

 

f:id:assetsale:20180729014502j:plain

BoxColliderを設置して検証していたキャプチャ↑

 

 

v1.1の新機能 2Dスプライト、UIを揺らす

 

f:id:assetsale:20180728233106g:plain

一応、揺らす事ができましたが、

おそらく開発途中っぽい感じで、まだ綺麗に動かす事ができません

 

↑文字が反転しているのは、セットアップが独特だからです。

 

サンプルシーンの揺れUIをチェックしてみた

f:id:assetsale:20180728234839j:plain

サンプルを確認すると、このイメージが-180度反転していて、

 

その通りに設定してみたら上手くいきました。

これをしないと、一箇所にまとまってしまい綺麗にウェイブしてくれないのです。

 

今後のアップデートに期待!

 

v1.1の新機能デモ動画

Tail Animator - Update V1.1 - What's New - YouTube(1:12)

2Dスプライトの揺れモノと、

フォーラムでユーザーがアイデア出ししていた「魚群」が実装されました(0:46辺り)

 

f:id:assetsale:20180728200218g:plain

f:id:assetsale:20180728200216p:plain

「S_TailAnimator_FishSchool Example」サンプル付き。

 

f:id:assetsale:20180728200349j:plain

サンプルシーンを軽く見てみると、大量のギズモが配置されていました。

画面上部に配置されている「魚の群れ」を複製するヘルパースクリプトで生成して、

群れをランダム移動しているみたいな感じでした。

 

 

まとめ

現時点最強の「Dynamic Bone」に匹敵するほど、レベルの高いアセットになってきていると思います。

 

物理的な「揺れ」の挙動に関しては、Dynamic Boneの方に軍配が上がると思いますが、

スピードや回転速度値で、ある程度近い挙動が出せそうな感じです。

  1. Damping(減衰
  2. Elasticity(弾性)
  3. Stiffness(剛性)
  4. Inert(不活性 / 鈍い / のろさ)

 

「部分的な衝突」と「重力値のパラメータ」があるのはDynamic Bone

スカートが足にめり込まなくなったり、

頭をかしげたときに髪の毛が垂れる仕草が出せます(詳しくはこちら

 

Tail Animatorには重力値がまだない

現状それらしきパラメータは存在しないので欲しいです。

 

今後のアップデートで実装お願いします!!!m(_ _)m

 

 

Tail Animatorのすごいポイント

 

・ボーンが無くても揺れものに設定できる(これホントすごい)

・2Dスプライト、UIも揺れる!(開発段階)

・自動的に揺れるAuto Wave機能。

非常に高いパフォーマンス

 

[Unity Package] Tail Animator - Bend your models with procedural animation! - YouTube(1:25)

 

Tail Animator - Performance Tests - YouTube(1:34)

 

Tail Animator Tutorial - Making tail with blender, exporting and making tentacle monster in unity - YouTube(5:25)

 

前回記事

2018年7月20日

この記事に書かれていない基本的なことについては、こちら

 

アップデート内容(機械翻訳)

V1.1.2(修正プログラム)
- 異なるスケルトン構造と連携するテール・アニメータをより普遍的にする、別のオートチューニング誤回転オプションを追加

V1.1.1(修正プログラム)
- デフォルトで自動的に方向軸を固定するための "自動"チューニングオプションを追加

V1.1.0
- 2D空間でテールアニメーターを使用してトランスフォームをアニメートするための新しいサンプルとコンポーネントを追加
- UIとスプライト
- すべてのパラメータをより明確に表示するカスタムインスペクタ
- 新しいサンプルシーン - 魚の群れサンプルシーン
- 少し上げられた

V1.0.1
場合によっては何らかの理由で実行されなかった可能性があるため、Start()メソッドのオーバーライドを追加しました。
- fSimpleAssetsリソースをV1.1に更新

 

アセット説明(機械翻訳)

Unity 5.6.0以降のバージョンが必要
!!!注意:31.07から07.08まで私は休暇になりますので、私がこの時間に応答しなければ患者になってください

テール・アニメーターは手続きアニメーションで弾力的なテールの動きをシミュレートするビヘイビアのパッケージで、多くの新しい機能を提供します。

オブジェクトの位置/回転/スケールの変化に反応します。
弾性をアニメーション化するオブジェクトにコンポーネントを追加するだけで、開始トランスフォーム(またはボーン)を定義し、パラメータで再生します。

スクリプトは詳細な方法でコメントされています。
アニメートされたメッシュにコンポーネントを配置し、尾手続きアニメーションとアニメータの動きをブレンドすることもできます。

コミュニティスレッドリンク

主な特徴:
●インタラクティブなデモシーンを含む
●完全なソースコードを含む
●スクリプトは詳細な方法でコメント化されています

●非常に高いパフォーマンス!
●異なるゲームクロックでボーンをアニメーション化するためのコンポーネント
(固定更新、遅延更新)
●アニメータから独立してテールをアニメーション化するコンポーネント
●アニメーターのポーズとブレンドする可能性のあるテールをアニメーション化するコンポーネント

このパッケージで作った作品をコミュニティスレッドに投稿してもいいですが、私はそれを見たいと思っています!

 

 

パブリッシャーのアセット(記録用)

f:id:assetsale:20180728205421j:plain

 


 

7月も続行!ご利用額達成で大人気アセットを無料でGET

お得なイベントのお知らせ(2018年7月31日まで)

 

アセットストアのUnity公式イベント第二弾がスタートしました!!

 

今回のテーマは「IK制御」と「SF」

 

・「Bio IK」($30達成で無料化

VRデバイスでキャラをコントロールしてバーチャルYoutuberができちゃう安価なIK制御アセット。

 

・「SF系の人気アセット 4種類」乗り物、キャラ、背景、宇宙生成

f:id:assetsale:20180703044252j:plain

※ 最低額のハードルが前回より下がって達成しやすくなりました。

・「$50」→「$30」

・「$250」→「$199」

 

「$30」達成条件の「Bio IK」が熱い(欲しい)!!

 

 

 【イベント開催期間】2018年7月1日〜7月31日(火)まで

 

 

参加方法(必須条件)

イベントに参加するには、

 イベントページにてUnity ID(メールアドレス)を登録する必要があります(重要

 

エントリーしてから、イベント期間中に$30、$99、$199以上ご購入すると、

ご利用額に応じて5つのアセットが無料でゲットできます。

 

ボーンのIK制御、SF素材、宇宙誕生エディタ

f:id:assetsale:20180703044252j:plain

 

今回の注目アセットは「Bio IK」です。

f:id:assetsale:20180703051507j:plain

バーチャルYoutuberが出来ちゃうパワフルなIKエディタ。

 

狙ったポイントにスムーズに関節が動いてくれる機能を持つもので、

例えばロボットアームが球体の位置を認識して掴みに行くようなことができる。

WebGLで意味がわかるはず)

 

前回の「Puppet3D」とはちょっと違うタイプのキャラ制御で面白そう。

 

ブログで紹介した事が無いアセットなので、近日調べて記事にしたいと思います。

 

全6アセットまとめ記事

 

ボーンのIK制御、SF素材、宇宙誕生エディタ

人気アセットがてんこ盛り♫  お得にゲットしちゃいましょう。

f:id:assetsale:20180703044252j:plain

  1. Bio IK   $20(記事無し)指定した座標に手や指の関節をスムーズに移動させるエディタ(WebGLで意味がわかるはず)
  2. The Starfighter    $50(記事)宇宙と大空を飛行して戦闘をする巨大戦艦
  3. Sci Fi Space Soldier PolygonR  $10(記事)HALOのマスターチーフみたいなキャラ素材
  4. SciFi Industrial Level Kit 2.0.  $70旧記事大きな工場、科学技術、ハイテク産業のテーマシーンのSF系インテリア3Dモデル
  5. SPACE for Unity - Space Scene Construction Kit   $85 (記事)マウス1クリックで超綺麗なオリジナル「宇宙」が爆誕するエディタ

 

【イベント開催期間】2018年7月1日〜7月31日(火)まで

 

  

過去セールから神アセットを探す

過去大セールで登場したタグ一覧です。ぜひご活用下さい。

f:id:assetsale:20180430173156j:plain

※右サイドバーの「月別アーカイブ」や「タグ」からチェックすることもできます。

 

 

アセットの検索方法

検索ボックスから「アセット名」「希望する機能のワード」を入力してチェックしてください。 

f:id:assetsale:20171128032556j:plain

 

 

【新サイト】アセット割引情報

 


 

【過去ログ】無料アセット

【過去ログ】作者セール&注目アセット

  

【よく使う記事】無料の3Dモデルまとめ

 

f:id:assetsale:20170616174948p:plain

この作品はユニティちゃんライセンス条項の元に提供されています