Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

【無料アセット】Unity標準のTimelineでスクリプトの関数を簡単に呼び出すスクリプト「Timeline events」 / 2Dスプライトが移動した時の残像エフェクト「Sprite Ghost Trail Renderer」/ コンポーネント内の変数を検索&編集するエディタ

スポンサーリンク

今日の無料アセット

  • f:id:assetsale:20180705223428p:plain

  • Timeline events
    • Unity初心者にオススメ!
    • Timelineでスクリプトの関数を手軽に呼び出せるようになるスクリプト
      • 新作無料    【リリース日】2018年7月2日
  • f:id:assetsale:20180705225134p:plain

  • Sprite Ghost Trail Renderer
    • 2Dスプライトの移動にシルエットを残すエフェクト(悪魔城X 月下っぽい)
    • 元のテクスチャを残像に使う事もできます。
      • 新作無料    【リリース日】2018年7月2日
  • f:id:assetsale:20180705232358p:plain
  • Script Component Variable Finder
    • 大量の変数を持つスクリプトから「変数名」を検索して抽出。そのまま編集する事ができるエディタ(シーン全体から検索ではなく対象のコンポーネント1つから)
      • 新作無料    【リリース日】2018年7月2日

 

アセットストアが平日なのにお休み中!?

この隙にDynamic Boneの第四弾記事を書くよ! 

 

通常のセール情報

f:id:assetsale:20180705221531g:plain

Next Level 3Dの綺麗な部屋3Dモデルのセール($1.99〜$9.99)

   └今年3月リリースの新作素材「HQ Modern Classic Interior」も75%OFF

・ラジアルメニューが作れるスクリプト「EpicMenu

 

 

アセットストア公式イベント情報

f:id:assetsale:20180703044252j:plain

購入額に応じて人気アセットが無料でゲットできるイベント第二弾開催中!

 

今回のテーマは「IK制御」と「SF」

 ・「Bio IK」($30達成で無料化

バーチャルYoutuberができちゃうパワフルなIK制御アセット。

ゲーム中で指定したポイントにキャラの腕や指先をスムーズに動かせるエディタだ!

※ 「イベントページエントリーしてから購入することをお忘れ無く!

対象アセットまとめ記事:こちら

 

【イベント開催期間】2018年7月1日〜7月31日(火)まで 

 詳しくは記事最下部をチェック!


 

 

 Timeline events

 

f:id:assetsale:20180705222425j:plain

Timeline events

3D モデル/キャラクター

George Cook

新作無料    【リリース日】2018年7月2日

 

Unity初心者にオススメ!

面倒な準備や手順は一切無しで、

Timelineでスクリプトの関数を手軽に呼び出せるようになるスクリプトです。

 

※ 実行にはUnity 2017.3.0以降のバージョンが必要です。

 

timeline events for unity - YouTube(3:44)

Playable Trackのテンプレートを作る必要が無くなって直感的に使えます!

手数が少なくて非常に簡単♫

 

タイミングよくメソッドを呼び出す事ができるようになる。

 

使い方

f:id:assetsale:20180705222759j:plain

おおまかな作業の流れ

  1. アセットをインポートします。
  2. Timelineを通常通り作成する。
  3. スクリプト付きのオブジェクトをセットして呼び出したいメソッドを指定する。
  4. 再生すると、あら簡単!

 

超シンプルなテスト

f:id:assetsale:20180706024409j:plain

この白いカプセルをSetActive(false)で非表示にするだけの簡単なお仕事。

 

f:id:assetsale:20180706023741g:plain

完成した結果の動画↑

 

 

まずスクリプトを用意します。

※publicにして外部から参照できるようにしておくこと。

public class test : MonoBehaviour {

    public void ColorRed()
    {
        this.gameObject.GetComponent<Renderer>().material.color = new Color(1.0f, 0f, 0f, 0f);
    }
}

ColorRed()が呼ばれたら赤色になるだけのシンプルなコード。

これをTimelineから呼び出します。

 

 

1.Timelineで「Timeline Event Track」を作成する

f:id:assetsale:20180706021511j:plain

右クリックメニューを開くと、

見た事のない項目が追加されてますね。

 

「Tantawowa.TimelineEvents -> Timeline Event Track」を選択しましょう。

 

 

2.スクリプト付きオブジェクトをセット

f:id:assetsale:20180706022510j:plain

スクリプト付きの「Capsule」をドロップしてセットします。

 

 

3.右クリックしてAdd Timeline Event Clipを作成する

f:id:assetsale:20180706023031j:plain

 

 

4.タイミングを整える

f:id:assetsale:20180706023206j:plain

 

 

5.Inspectorで関数を指定する

f:id:assetsale:20180706023355j:plain f:id:assetsale:20180706023359j:plain

「Method」項目が空欄になっています。

ここで先ほど作成したpublic関数のtestを指定します。

 

 

6.実行して確認する

f:id:assetsale:20180706023741g:plain

白色のカプセルがタイミング良く赤色になってますね!大成功♫

 

 

引数を指定する事もできる

f:id:assetsale:20180706024625j:plain

EnumからFoToWorkを指定

 

f:id:assetsale:20180706024631j:plain

8を指定

 

f:id:assetsale:20180706024628j:plain

+5で足し込む

 

f:id:assetsale:20180706024634j:plain

boolでon/off

 

対応する引数

* bool
* int
* float
* enum

 

Twitter読者コメント

 

 

サンプル画像

画像3枚  6秒で一周します。

f:id:assetsale:20180705222753g:plain

 

アセット説明(機械翻訳)

Unity 2017.3.0以降のバージョンが必要
Unity 2018.2 / 3を待たずに、タイムラインのイベントを今すぐ利用できます!

このシンプルなクリップベースのソリューションを使用すると、アニメーションで簡単にコードの振り付けを行うことができます。 もはや定型文や愚か者はありません!

特徴:

*トラックのメッセージを受け取るオブジェクトを指定する
*引数が0〜1のパブリックメソッドを選択する
*引数型のサポート:
* bool
* int
* float
* enum
*私は数ヶ月間使用してきたロバストシステム


無料! ビールのように。 あなたが好きなら、仕事/訓練のために私に手を差し伸べてください。

https://www.linkedin.com/in/georgejecook
https://www.codementor.io/georgejecook

 

 

パブリッシャーのアセット(記録用)

f:id:assetsale:20180705222555j:plain

 


 

Sprite Ghost Trail Renderer

 

f:id:assetsale:20180705224155j:plain

Sprite Ghost Trail Renderer

スクリプト/エフェクト

Nost Games

新作無料    【リリース日】2018年7月2日

 

2Dスプライトの移動にシルエットを残すエフェクトです。

 

単色ですが「悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲」みたいな効果が出せます。

使い方

2Dのキャラクタースプライトに、

「Sprite Ghost Trail Randerer.cs」をアタッチするだけ!

f:id:assetsale:20180706011520j:plain

 

単色モードOFFでテクスチャそのものを使う

f:id:assetsale:20180706012659g:plain

アセット紹介画像に含まれて無いので見逃しがちですが、

実はテクスチャで残像させることができます。(^_^)

月下の夜想曲と同じような演出ができますよ〜。

 

カラーリングも変更可能

f:id:assetsale:20180706013247j:plain

赤色にすれば、ダークな感じが楽しめます。

f:id:assetsale:20180706013236g:plain

ゲーム実行中にInspectorで色や残像の長さなどパラメータ変更はできませんでした。

 

f:id:assetsale:20180706013554j:plain

どうしても変更したい人は、65行目のInicializeGhosts()を外部から呼び出してあげれば更新できると思います。

※ 「private」なので面倒な人は「public」にすればOKです。

 

 

単色モードON

f:id:assetsale:20180706011956g:plain

カラーリングは自由にカスタマイズ可能!

残像を1色で表現します。

 

残像の残る時間を長くしてみた

f:id:assetsale:20180706012215g:plain

f:id:assetsale:20180706012420j:plain

Ghostsのパラメータを「10」程度まで大きくすると、かなり残ってくれます。

 

Twitter読者コメント

 

サンプル画像

画像6枚  12秒で一周します。

f:id:assetsale:20180705224805g:plain

 

アセット説明(機械翻訳)

Unity 2017.3.0以降のバージョンが必要

スプライトゴーストトレイルレンダラは、スプライトからゴーストトレイルを作成するコンポーネントです。

このテクニックは、スピードを示すために90のゲームで頻繁に使用されていました。

ゴーストは、パフォーマンスの目的でStartで一度作成され、色、更新間隔、シングルカラーシェーダー、ゴーストの数を選択できます。

 

 

パブリッシャーのアセット(記録用)

f:id:assetsale:20180705224915j:plain

 


 

Script Component Variable Finder

 

f:id:assetsale:20180705232233j:plain

Script Component Variable Finder

エディタ拡張/ユーティリティ

Ajith Gopinathan

新作無料    【リリース日】2018年7月2日

 

大量の変数を持つスクリプトから「変数名」を検索して抽出。そのまま編集する事ができるエディタです。

 

f:id:assetsale:20180706002612g:plain

活躍するケース

コンポーネント内に大量のシリアライズ/パブリック変数がある時に、

「必要な変数名だけ表示して編集したい」場合に便利です。

 

使い方

① Inspectorビューの右上にある歯車アイコンから「Find Variable」を選択

f:id:assetsale:20180705232520j:plain

↑のように大量に変数あって目視で探す作業を助けてくれます。

 

検索

「Variable Name」のテキストエリアに検索したい変数名の一部を入力すると、

リストで表示されます。

f:id:assetsale:20180705232526j:plain

 

 

アセット説明(機械翻訳)

Unity 2018.1.0以降のバージョンが必要
スクリプトコンポーネント上の指定された名前を持つ変数の値を検索、検索、編集できるエディタ拡張機能。 シリアライズ/パブリック変数の多いスクリプトをお持ちの場合に便利です。

使用するには、スクリプトコンポーネントの右上にある歯車/設定アイコンをクリックし、[変数を検索]をクリックします。

 

パブリッシャーのアセット(記録用)

f:id:assetsale:20180705232356j:plain

 


 

7月も続行!ご利用額達成で大人気アセットを無料でGET

お得なイベントのお知らせ(2018年7月31日まで)

 

アセットストアのUnity公式イベント第二弾がスタートしました!!

 

今回のテーマは「IK制御」と「SF」

 

・「Bio IK」($30達成で無料化

VRデバイスでキャラをコントロールしてバーチャルYoutuberができちゃう安価なIK制御アセット。

 

・「SF系の人気アセット 4種類」乗り物、キャラ、背景、宇宙生成

f:id:assetsale:20180703044252j:plain

※ 最低額のハードルが前回より下がって達成しやすくなりました。

・「$50」→「$30」

・「$250」→「$199」

 

「$30」達成条件の「Bio IK」が熱い(欲しい)!!

 

 

 【イベント開催期間】2018年7月1日〜7月31日(火)まで

 

 

参加方法(必須条件)

イベントに参加するには、

 イベントページにてUnity ID(メールアドレス)を登録する必要があります(重要

 

エントリーしてから、イベント期間中に$30、$99、$199以上ご購入すると、

ご利用額に応じて5つのアセットが無料でゲットできます。

 

ボーンのIK制御、SF素材、宇宙誕生エディタ

f:id:assetsale:20180703044252j:plain

 

今回の注目アセットは「Bio IK」です。

f:id:assetsale:20180703051507j:plain

バーチャルYoutuberが出来ちゃうパワフルなIKエディタ。

 

狙ったポイントにスムーズに関節が動いてくれる機能を持つもので、

例えばロボットアームが球体の位置を認識して掴みに行くようなことができる。

WebGLで意味がわかるはず)

 

前回の「Puppet3D」とはちょっと違うタイプのキャラ制御で面白そう。

 

ブログで紹介した事が無いアセットなので、近日調べて記事にしたいと思います。

 

全6アセットまとめ記事

 

ボーンのIK制御、SF素材、宇宙誕生エディタ

人気アセットがてんこ盛り♫  お得にゲットしちゃいましょう。

f:id:assetsale:20180703044252j:plain

  1. Bio IK   $20(記事無し)指定した座標に手や指の関節をスムーズに移動させるエディタ(WebGLで意味がわかるはず)
  2. The Starfighter    $50(記事)宇宙と大空を飛行して戦闘をする巨大戦艦
  3. Sci Fi Space Soldier PolygonR  $10(記事)HALOのマスターチーフみたいなキャラ素材
  4. SciFi Industrial Level Kit 2.0.  $70旧記事大きな工場、科学技術、ハイテク産業のテーマシーンのSF系インテリア3Dモデル
  5. SPACE for Unity - Space Scene Construction Kit   $85 (記事)マウス1クリックで超綺麗なオリジナル「宇宙」が爆誕するエディタ

 

【イベント開催期間】2018年7月1日〜7月31日(火)まで

 

 

 

過去セールから神アセットを探す

過去大セールで登場したタグ一覧です。ぜひご活用下さい。

f:id:assetsale:20180430173156j:plain

※右サイドバーの「月別アーカイブ」や「タグ」からチェックすることもできます。

 

 

アセットの検索方法

検索ボックスから「アセット名」「希望する機能のワード」を入力してチェックしてください。 

f:id:assetsale:20171128032556j:plain

 

 

【新サイト】アセット割引情報

 

f:id:assetsale:20180501191417p:plain 

Shader Forge

$43.20 => 無料化   100%OFF!!

 


 

【過去ログ】無料アセット

【過去ログ】作者セール&注目アセット

 

 

f:id:assetsale:20170616174948p:plain

この作品はユニティちゃんライセンス条項の元に提供されています