Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

【サイバーマンデーMEGAセール】Vol.6『50%OFF』ポケモンGOのような位置情報ゲーム開発 & 「スプラトゥーンっぽい液体」や軟体、剛体、布シミュレーションが面白くて安い!

スポンサーリンク

f:id:assetsale:20171127173610j:plain

数万点を超えるアセットストアのお祭り大セール「メガセール最大50%OFF!

 

今回のテーマは

「ポケモンGO と スプラトゥーンで任天堂祭り

 

前回記事

Vol.5 ビジュアルスクリプティングの「Bolt」について調べてみた。11アセット紹介

 

2017年11月27日17:00頃スタート〜

【セール期間】2017年12月9日(土)16:59まで

 

  • f:id:assetsale:20171202063336j:plain

  • GO Map - 3D Map for AR Gaming
    • $53.89 => $26.95    50%OFF
    • 「ポケモンGO」のような位置情報マップがこれで作れる!?ARゲーム開発を目的としたリアルタイム3Dマップレンダラー。
  • f:id:assetsale:20171202083800j:plain

  • uFlex
    • $32.40 => $16.20    50%OFF
    • 剛体および軟体、布、インフレータブル、液体、ロープおよび粒状材料をシミュレートする物理系のエディタ。
    • メッシュを粒子に変換して、ゴムっぽい軟体にしたり、水風船を破く。

    • スプラトゥーンのような液体」っぽい事が出来そうな期待のアセット。

 

お知らせ

Googleが作った新作アセット!

VR & AR 向け3Dモデルライブラリ『Google Poly』の3Dモデル共有素材をUnityに取り込めるエディタが無料で熱い!

Poly Toolkit

 

アセットバウチャーが抽選で毎日誰かに当たる。クリスマスイベント開催中!

 

記事後半の「オススメ過去記事」コーナーも見てね。

 


 

アセットの検索方法

「あのアセットの情報を早く知りたい!」という方はブログサイドバー(右側)の

検索ボックスからアセット名を入力してチェックしてください。

f:id:assetsale:20171128032556j:plain

 

過去セールから神アセットを探す

良いアセットは「過去セール」履歴から探し出そう。

アセットストアの中の人がピックアップした履歴が全て辿れます。

「MADNESS SALE」など大セールにはステキなアセットが沢山登場しています。

f:id:assetsale:20171128085841j:plain

※サイドバーの「月別アーカイブ」やタグ検索などご活用ください。

 


 

 

f:id:assetsale:20171202045900j:plain

GO Map - 3D Map for AR Gaming

スクリプト/機能統合

Alan Grant

$53.89 => $26.95    50%OFF

 

「ポケモンGO」のような位置情報を使ったARゲーム開発を目的としたリアルタイム3Dマップレンダラーです。

 

スマホのGPSを利用して位置情報を取得。ポケモンGOとそっくりな地図が完成!

※注意:山などの標高を表示するには別売りのGoTerrain($40.41 25%OFF)」が必要です。

 

地図はポケモンGOスタイル「フラットマップ」や、3Dモデルの建物を表示する「」して、本格的な3Dマップにすることも可能。

対応する地図サービス

•Mapzen
•マップボックス
オープンストリートマップ
•ESRI

 

f:id:assetsale:20171202053143j:plain

 

GOMap, GOTerrain & GODirections - Map assets for Unity3D - YouTube(1:12)

 

GoMap - 3D map for AR Gaming - YouTube(1:05)

 

サンプルデモ

WebGLデモ

テキストエリアに「Tokyo」と入力して東京周辺を散策してみた。

f:id:assetsale:20171202054408g:plain

アバターグループにより、キャラクターを歩行させることができます。

WASDキーで移動。マウスで回転。

 

 

POI

例えば「レストラン」を設定すればレストランの位置にPOI(赤や青のポケストップみたいなもの)を配置することができます。

f:id:assetsale:20171202062351p:plain

WebGLデモは建物無しのフラットタイル。POIに歩いて近づいたら回転アニメをしました。

ドキュメント(POI)

 

サンプル画像

画像5枚  10秒で一周します。

f:id:assetsale:20171202051535g:plain

 

アセット説明(機械翻訳)

Unity 5.6.0以降のバージョンが必要
GO Mapは、ユニティ3Dで位置ベースのゲームを作成するためのダイナミックマップSDKです。
すべての設定とグラフィックコントロールはインスペクタから直接カスタマイズでき、コーディングは不要です。
すべてのデモシーンは数回クリックするだけで実際のGPS位置を使用してスマートフォンにロードされますが、Unity 3Dの簡単なマップアセットは見つかりません! … 続きを読む

ドキュメンテーション
Webデモ

標高データを追加したいですか?
新しいアセットGoTerrainをチェックして、新しい世代のロケーションベースのゲームを作成してください!

GoMapサポートベクターは、いくつかのマップAPIを使用してプロトバッファフォーマットでデータをタイル化します。

•Mapzen
•マップボックス
オープンストリートマップ
•ESRI

 

標高データ拡張アセット

f:id:assetsale:20171202052215j:plain

GoTerrain

$53.89 => $40.41    25%OFF

 

あらゆる地形情報を基とするリアルタイムのAR Terrainビルダーです。

 

本体の「GO Map」と組み合わせて使えば立体的な地図になる拡張アセット。

 

2017年7月28日リリース新作アセット

 

Unity 5.6.0以降のバージョンが必要
GoTerrainは高度と法線、ベクトルタイル情報、衛星画像などさまざまな種類のデータを組み合わせたリアルタイムのARテレインビルダーです。

あなたのスマートフォンのGPSデバイスでGoTerrainはあなたが移動している間に、あなたの周りの世界を「GO」の形で構築することができます。また、数回のクリックでシーン内のあらゆる現実世界の風景を構築することもできます。

GoMapと組み合わせて、新しい世代の位置情報ベースのゲームを作成しましょう!

柔軟性のおかげで、GoTerrainをさまざまな方法で使用することができます:場所ベースの地形生成、エディタ内のシーンビルダ、現実的な風景の複製、地形解析、低ポリスタイルなど。

 

 

パブリッシャーのアセット(記録用)

f:id:assetsale:20171202050220j:plain

f:id:assetsale:20171202062827p:plain

GO Directions - Directions plugin for GoMapは、A地点からB地点までの道順を道路に表示するカーナビみたいな経路探索機能です。こちらも25%OFF($16.19)でセール中。

 

 

追記 (2017年12月2日23:19)

開発事例紹介

ツイッターにて、GO Mapを実際に使われてる開発者様からリプライが届きました!

 

f:id:assetsale:20171202230943j:plain f:id:assetsale:20171202230945j:plain

GPSを利用したメッセージアプリ『ことだまっぷ』

ポケモンGOにこんな機能が欲しかった!

あなたが今いる場所に「ことば」やさまざまな「おもい」を残して、世界中の人とシェアするコミュニケーションアプリ。

観光地で「◯◯が良かったよ〜!」など思い出を書き置きすれば、他の誰かが読んで共感して楽しめる、位置情報を上手く利用したロマンチックなメッセージ機能がステキ♪

ことだまっぷ

ことだまっぷ

  • Masayuki Shamoto
  • ゲーム
  • 無料

 

 


 

 

f:id:assetsale:20171209143118j:plain

uFlex

エディタ拡張/システム

Dr Korzen

$32.40 => $16.20    50%OFF

 

剛体および軟体、布、インフレータブル、液体、ロープおよび粒状材料をシミュレートする物理系のエディタです。

 

★追記  購入しました!!

表面をツルツルにするにはサブアセットが必要です。

高い方でも安い方でもどっちでもOK!本気でやるならProを買うべし!!

 

メッシュを粒子に変換して、ゴムっぽい軟体にしたり、水風船を破いてみたり、

スプラトゥーンのような液体」っぽい事が出来そうな期待のアセットです。

FleXは物理的な視覚効果を目的とした新しいGPU加速粒子シミュレーションライブラリです。 FleXのコアアイデアは、すべてのオブジェクト(剛体、軟体や流体など)が制約によって結ばれた粒子のシステムとして表現されることです。

 

uFLexは現在以下を提供しています:

- 低レベルのFlexネイティブライブラリへのアクセス
- 剛体および軟体、布、インフレータブル、液体、ロープおよび粒状材料のサポート

 

ドバッとした液体が飛び散る(意味深)コレは使えますぞ!!

 

 

布をビリッと引き裂く!あぁッ、スク水が・・・

 

ベータ版のアセット

かなり面白そうな物理系のエディタ。ベータ版でまだ完成していません。

まだバグが出るみたいで、ユーザー評価は★4です。

 

価格が圧倒的に安い!

物理学が楽しめる機能性豊富なエディタ。

ベータ版価格なのと、今回の半額が重なって$16.20と激安だ。

 

現段階ではWindows64ビットのみサポートされていますが、

Win 32ビット、AndroidおよびLinuxをサポートする予定とのこと。

モバイルでも使えるくらいサクサク動くようになると良いですね。

早期購入でとりあえずゲットしておくのも良いでしょう。

 

uFleXは開発中です。どんなバグ報告や機能要求も歓迎されるものではありません。

-----要件-----
- 少なくともCUDA 3.0コンピューティング機能を備えたNVidia GPU
- Windows 64ビット(Win 32ビット実験、AndroidおよびLinuxサポート予定)

 

uFlex + SSF Pro - NVidia FleX plugin for Unity3D [v0.5] - DevLog #8 Tearing - YouTube(1:05)

  • 水風船を破って水が噴き出す。
  • 粒子のサイズを大きくして水風船と水の状態をわかりやすく表現。
  • 布をビリビリに破るシミュレート。
  • ピンと張った布の中央にオブジェクトを落下させて引き裂く

 

uFlex + SSF Pro - NVidia FleX plugin for Unity3D [v0.5] - DevLog #7 Fresnel & Foam - YouTube(2:39)

  • 液体を流し込んで軟体の物質を押し出す。
  • 液体の入った器の中に物質を投下。
  • 干上がった川に大量の液体を流し込む。
  • 粘りけのある液体が物質に附着するドロッとした表現。
  • 軟体のドラゴンが水で押される。
  • 軟体ドラゴンを引っ張って遊ぶ(ちょっとヤバイ)
  • ドバッっとした感じ(意味深)
  • ゴム紐シミュレートで軟体をバウンド。
  • 色違いの液体が混ざる

 

uFlex - NVidia FleX plugin for Unity3D [v0.3] - DevLog #4 - YouTube(2:13)

  • 風の勢いで、布が吹き飛ぶ。
  • 風の勢いで、軟体ドラゴンが揺れる。
  • 剛体に、ゴム人形の軟体が衝突。
  • 動画後半は動画2と同じ内容でした。

 

uFlex - NVidia FleX plugin for Unity3D [v0.1] - DevLog #3 - Test Scenes - YouTube(1:25)

- 全ては粒子の集合体だったのがわかるテストシーン(リアルなのは粒子が小さく数が多い)

uFlex - NVidia FleX plugin for Unity3D [v0.1] - QuickStart Guide - YouTube(3:48)

 

クイックスタート動画。

メッシュをエディタにドロップして「粒子」にジェネレート。

粒子のサイズを決定して表示。プレイモードにすると軟体っぽい物質になります。

かなり手軽にセットアップできるのが凄い!

 

uFleX - NVidia FleX plugin for Unity3D [v0.1] - DevLog #2 - YouTube(2:22)

GPUにかかる負荷をProfilerでチェックしている動画。

 

PhysX: Flex - YouTube(1:46)

Nvidiaの動画「PhysX: Flex」

 

サンプル画像

画像7枚  14秒で一周します。

f:id:assetsale:20171202071517g:plain

 

アセット説明(機械翻訳)

このアセットは同時に利用する人数分のライセンスが必要です

Unity 5.4.2以降のバージョンが必要
uFLexはNVidia FlexとUnity3Dを統合します。

FleXは物理的な視覚効果を目的とした新しいGPU加速粒子シミュレーションライブラリです。 FleXのコアアイデアは、すべてのオブジェクト(剛体、軟体や流体など)が制約によって結ばれた粒子のシステムとして表現されることです。このような一元化された表現は、例えば、剛体と流体、または流体と軟体との間の双方向結合など、異なる種類の要素間の多くの異なる材料および自然相互作用の効率的なモデリングを可能にする。

uFLexは現在以下を提供しています:
- 低レベルのFlexネイティブライブラリへのアクセス
- 剛体および軟体、布、インフレータブル、液体、ロープおよび粒状材料のサポート
- 布の引き裂き
- 変形可能なメッシュレンダリング
- 高速流体レンダリングのためのScreen Space Fluids(SSF、フリーに含まれる)との統合
- 透明性、屈折性、発泡性などを備えた高品質の液体用のSSF Pro(含まれない)との統合
- Flex本体の簡単な作成のためのGUI
- ゲームとの迅速な統合のためのスクリプト化されたフレームワークの例
- シーンの集まり

uFleXは開発中です。どんなバグ報告や機能要求も歓迎されるものではありません。

-----要件-----
- 少なくともCUDA 3.0コンピューティング機能を備えたNVidia GPU
- Windows 64ビット(Win 32ビット実験、AndroidおよびLinuxサポート予定)

クイックスタートビデオを見る。

詳細は、Flex公式サイトを参照してください。

フォーラム

  

パブリッシャーのアセット(記録用)

f:id:assetsale:20171202063810j:plain

他のアセットも重要

Screen Space Fluids Pro   $21.60 => $17.28  20%OFF

Screen Space Fluids  $7.56 => $6.05   20%OFF

 

Screen Space Fluids(SSF)は、パーティクルベースの流体の表面をリアルタイムのパフォーマンスと構成可能な速度/品質でレンダリングするためのシェーダのセット

 

 


 

 

開発効率アップ

  

Console Enhanced Pro   $21.60 => $15.12    30%OFF

Console Enhanced Free   無料 (無料版がオススメ

Unity標準のコンソールとそっくりなUIをベースに、

自分好みな見やすいコンソールにカスタマイズできる人気エディタ。

 

キャラクター3Dモデル

再掲ですが、作家さんのセールについて追記しました。

f:id:assetsale:20171127191245j:plain

 

画像16枚  32秒で一周します。

f:id:assetsale:20171127192418g:plain

 

SURIYUNさんのハイクオリティで超カワイイ美少女キャラクター素材。

Unityちゃんベースなので質感のバランスがとても良い。

ゆるふわで、可愛いキャラ素材が欲しい方必見!

 

作家さんのセールパターンまとめ

f:id:assetsale:20171202064102p:plain

この作家さんの等身大キャラクターはあまりセールで登場しないレアなセールです。

 

セール履歴

↓・ 2017年4月頃、ストア初の超大型セール(BIGGESTセール)で初登場。

↓・2017年10月30日AIちゃん」が通常セールで初登場しました。

 

過去、2回のセールのみ!

ほとんどセールで登場しないので、ゲットするなら今がオススメです。

 

SURIYUNさん特集記事

動物やボクセル素材は過去セールで何度か登場しました。

等身大キャラは本当に貴重なセールですのでこの機会にゲットしよう!

(過去セールを名前で検索↓これが全貌)

 

 

「サイバーマンデーMEGAセール」の記事一覧

  1. アセットストアで新たなお祭りセールがスタート!数万種類のアセットが一斉に大セール!!★50%OFFのアセット発見!

  2. Vol.2 『50%OFF』のアセット 車や人々の3Dモデルとトラフィックでリアルな街の景観でGTAっぽいシミュレータ。/ VRとモバイルのポータルシステムなど4アセット紹介
  3. Vol.3 『50%OFF』のアセット第二弾。 アドベンチャー開発キット、Youtube動画再生など6アセット紹介

  4. Vol.4 『50%OFF』のアセット第三弾。 厚みのある雲、2Dゲーム作成、広告、BLE、FCVS、乗馬、画面エフェクトなど8アセット紹介

  5. Vol.5 ビジュアルスクリプティングの「Bolt」について調べてみた。11アセット紹介

  6. Vol.6『50%OFF』ポケモンGOのような位置情報ゲーム開発 & 「スプラトゥーンっぽい液体」や軟体、剛体、布シミュレーションが面白くて安い!

  7. Vol.7 日本作家さんのエフェクト特集!パーティクル12種類を全部GIFアニメで紹介

  8. Vol.8 『50%OFF』大ボリュームの3Dモデル素材集と、リアルタイムに植物や建物を生成するエディタまとめ

  9. Vol.9 多彩な機能を持つボリューム感が凄い空システム / 物理ゲーム作りの定番アセット「CGF」の新バージョンをインポートしてみた。全12アセット紹介

  10. Vol.10 RPG等に使えるクエストシステム、インベントリー、シミュレーション関連のアセット4つ紹介

  11. Vol.11 メガセール「売り上げTOP10」に含まれるモバイルプラグイン、リズムアニメーション、綺麗な2D&3Dグラフ作成、Prefab拡張の4つ紹介

  12. Vol.12 アセットストアの素材セールまとめ『3Dモデル編』

  13. Vol.13 アセットストアの素材セールまとめ『2Dテクスチャ編』

  14. Vol.14 50%OFF紹介「Racing Game Template レースゲーム / Car Paint - Pro 車のボディシェーダ / Sci-fi Design Kit 研究所3Dモデル」

  15. Vol.15 50%OFF紹介「Turn-Based ToolKit 戦略シミュレーション / Tactical Shooter AI 敵味方のFPS用人工知能 / Post-Apo Pack ハイクオリティな都市崩壊3Dモデル」

  16. Vol.16 アセットストアの素材セールまとめ『パーティクル&シェーダー編』

 

 

タグ検索による「サイバーマンデーMEGAセール」記事リストはこちら

 

タグ検索による「ブラックフライデー」記事リストはこちら

既に終了してますが、引き続きセールしてるアセットもあるよ。