Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

【独自セール】キャラクターにダメージを与えた部位をポリゴンレベルで設定&特定するスクリプト / 太陽の3Dモデル / $1未満の廃墟3Dモデル / 最適化無料アセット

スポンサーリンク

今日のパブリッシャーセール

  • Dynamic RayCast System
    • キャラクターにダメージを与えた部位をポリゴンレベルで特定するスクリプト
      • $32.4 => $21.60    33%OFF    【開催期間】2017年9月26日〜数日?数月?
  • Realistic Star
    • メラメラと燃える紅炎アニメが美しい、太陽っぽいリアルな3Dモデル
      • $8.64 => $5.40 38%OFF 【開催期間】2017年9月25日〜不明
  • Drilling Station
    • 錆び付いた廃墟っぽい掘削ステーションの3Dモデル
      • ???? => $0.97 【更新日】2017年9月25日
  • AN OLD HOUSE
    • 庭と破壊された小屋のある古民家の3Dモデル
      • ???? => $0.65 【更新日】2017年9月25日

 

今回のセールについて

9月29日からレビューを書くと$5のバウチャーコードが貰えるメールが届きました。

これからは$5以内で買えるアセットもちょくちょくお知らせしていきます。

(通常価格ではなく、パブリッシャーセールっぽいアセット重視)

ちなみにこのタイプのバウチャーはAmazonギフトのように使えないので注意が必要です。

詳しくはこちらの記事の「大切なお知らせ」をチェックしよう。

 ※ 9月29日(金)から開始するキャンペーンの事前告知です
キャンペーン期間中、アセットストア内のアセットにユーザーレビューを投稿すると、アセットストアで使えるバウチャーがもらえるチャンス!


■キャンペーン期間:2017/9/29(金)10:00 ~ 10/16(月)17:00

■対象アセット:アセットストア内の全てのアセット


■プレゼント内容
レビューを1つ投稿してそれが選出されると、Unityアセットストアのお買い物で使える「$5バウチャー」を1つプレゼント!さらに、レビューをTwitterでお知らせいただくと「$5バウチャー」をもう1つプレゼントいたします。詳しくはキャンペーン概要をご覧ください。

メールが届いてない方はコチラ→キャンペーン概要ページ

(メールが届いてない人も対象になるかどうか気になってきた)

 

お知らせ

スプライトエフェクトエディタ「Shader Weaver」についてはもう暫くお待ちください。

ある程度触ってから「Shadero Sprite」との比較記事を書く予定です。

 


 

f:id:assetsale:20170927015047j:plain

f:id:assetsale:20170927015043j:plain

Dynamic RayCast System

スクリプト

Vagabond

$32.4 => $21.60    33%OFF    【開催期間】2017年9月26日〜数日?数月?

 

ダメージを与えた箇所の情報を抽出するRayCastスクリプトです。

 

これは、カスタムRayCastとSphereCastメソッドを使用してオブジェクトを検出する、コライダーフリーのシステムです。

 Skinned とRigid (Non-Skinned)メッシュをサポートしています

RayCast : スタート位置と方向、距離を指定して、途中にコライダーと交わるかチェック

SphereCast: 厚みのあるRayCastのようなもの

 

セットアップ

体の部位を「タグ」として範囲選択するように指定します。

ここまで細かく指定できるのが凄い!

 

「タグ」を新規追加するなどでセットアップが終わるとこんな感じになります。↓

f:id:assetsale:20170928043538j:plain

ライフルでキャラクターの体にヒットさせると、腕や胴体、足など「体の部位」が特定できるようになります。

色がコロコロ変わってるのは、タグ付けしたときのカラーリング(おそらくデバッグ用)

 

用途は?

大型モンスターに、弱点(頭)や固い部分(ウロコ)を指定すれば、

ダメージ時のエフェクト(血や弾いたエフェクト)、サウンドの変化、与ダメージ値に変化を与えられると思います。

 

という内容が2015年頃にWebPlayerデモとして体験できましたが、今は無くなり、

Windows用の実行形式デモになってます。(試してませんが大体そんな扱いになってると予想)

デモをお試しください

マスクシステム

DRCSスクリプトは、検出する体の部位を必要な所だけマスクすることができます。

f:id:assetsale:20170928042607j:plain

 

デバッグ表示

「Canvas_UI」Prefabをドロップすると、デバッグ用の情報が表示されるようになります。

DRCSTagには、ヒットした体の部位情報が表示されます。

f:id:assetsale:20170928043003j:plain

 

DRCS v1.31 - v1.60 - System Set Up - YouTube(2:33)

ライフルでダメージを与えた箇所のポリゴンが赤色に変化している事を発見。ポリゴンレベルで衝突表現できるのが凄い。

 

DRCS v1.31 - v1.60 - Mesh Grouping Tool - YouTube(3:18)

メッシュのタグ付けツール!

 

 

セール情報

ただいまβ版につき33%OFFとのこと。

Price set from 30$ to 20$ for a limited time.
( 33% discount ) while in beta !

 

もっと具体的に調べてみた。

フォーラムの3ページ目に作者さんからのコメントが書かれてました。

新機能実装中によりベータ版とのこと。今回追加された新機能は6つ。

それらが不安定かもしれないのでテスト用として安くなってるみたいです。

 (LOD対応による問題点の対応中、高速化の実装)

こんにちは、
DRCS v1.73bはレビューのためにショップにアップロードされました。

アップデートはユーザーのフィードバックに基づいてしばらくの間 "ベータ"とみなされます。それはテストされていますが、機能しますが、状態を確定するために機能に関するフィードバックを受け取ることができます。

興味がありコピーを所有していない人のために、パッケージは "ベータ"段階にある間、限られた時間の間に30 $から20 $に設定されます...これは数日〜月 !

*主な新機能は、距離のより単純なメッシュを使用できるカスタムLODです...現在のバージョンでは最大4つのLODレベルがサポートされますが、この制限は増加する可能性があります。

* LODメッシュは実行時にスワップすることができます。つまり、レンダリング最適化の一種であり、常に良いメッシュがレンダリングされます。あなたがそうした場合、これらのオブジェクトにUnityのLODシステムを使用する必要はありません!

このリリースのLODに関する既知の問題:
*エディタでは、間抜けグループを手動で配置する必要があるというエラーメッセージが表示されることがあります。カリンググループが一般に処分されているので、これが起こっているときに私は捕まえなければなりません!ビルドはOKです!
*スキンされたメッシュの不具合を何度か交換する(剛性メッシュはちょうど良い)

いくつかの新しい機能があります:
*オブジェクトの初期交点を高速化するためにBVHツリーを使用する(交点のテスト範囲を高速化するために多くのオブジェクトがある場合に役立ちます)
* LOD用のScriptable Objectコンテナを使用する - アイデアは、単一のデータコンテナを使用する実際に同じプレハブであるすべてのオブジェクトです。つまり、オブジェクトごとに1つのコピーを作成するのではなく、

ありがとう!

 

サンプル画像

画像5枚  12.50秒で一周します。

f:id:assetsale:20170927020137g:plain

 

アセット説明(機械翻訳)

Unity 5.6.0以上が必要です。
-------------------------------------------------- ------------- 30ドルから20ドルまでの期間限定価格。
ベータ版では(33%割引)!
-------------------------------------------------- -------------

これは、カスタムRayCastとSphereCastメソッドを使用してオブジェクトを検出する、コライダーフリーのシステムです。 SkinnedとRigid(Non-Skinned)メッシュをサポートしています

-------------------------------------------------- -------------
マルチスレッド - ドキュメントを読む!
-------------------------------------------------- ---------------
カスタムLOD - 新機能!
-------------------------------------------------- ---------------
ソースコードが含まれています!
-------------------------------------------------- ---------------

*動画
*ドキュメンテーション
*デモをお試しください
*フォーラムスレッド

購入を試みる前に、デモを試してドキュメントをお読みください。

 

前回セール情報

2015年8月17日のMADNESS SALEにて50%OFFで登場しました。定価も同じ。

 

パブリッシャーのアセット(記録用)

f:id:assetsale:20170927015451j:plain

 

 


 

f:id:assetsale:20170928053034j:plain

f:id:assetsale:20170928053030j:plain

Realistic Star

3D モデル/建物/SF

MPixels

$8.64 => $5.40    38%OFF    【開催期間】2017年9月25日〜不明

 

メラメラと燃える紅炎アニメが美しい、太陽っぽいリアルな3Dモデルです。

 

パラメータを変化させ、発光具合、輪郭、サイズ、色など調整が可能。

なお、モバイルでも使えるシェーダーで作られているとのこと。

SFで宇宙シーンはもちろんのこと、

魔法として使ったら宇宙の法則が乱れてしまうほど破壊力がありそうだ。

 

Star [Asset] - YouTube(0:32)

 

サンプル画像

画像4枚  10秒で一周します。

f:id:assetsale:20170928060006g:plain

 

アセット説明(機械翻訳)

Unity 4.5.1以降のバージョンが必要
あなたのゲームの現実的な星。

[販売]
8 $ - > 5 $

Web Demo
Youtube

特徴:
- アニメーションテクスチャ
- ダイナミックソーラーコロナ
- 完全に調整可能
- 簡単にスケーラブル
- モバイルフレンドリー

Unity 5互換

 

パブリッシャーのアセット(記録用)

※数が多いため一部のみ

f:id:assetsale:20170928053652j:plain

 


 

 $5以内のバウチャーコードで購入できるアセット

 

 

f:id:assetsale:20170928060659j:plain

f:id:assetsale:20170928060651j:plain

Drilling Station

3Dモデル/小道具/工場

Rusik3Dmodels

???? => $0.97    【更新日】2017年9月25日

 

外壁ボロボロ、窓ガラスが割れ、さび付いた廃墟っぽい掘削ステーションの3Dモデルです。

リアルなのにめちゃくちゃ安い!

 

※プレハブ数19個ありました。

 

※バージョンが変わってなくて日付だけ変わってるため、価格が変わった可能性の高いアセットです。

 

Unity3d - YouTube(1:34)

 

サンプル画像

f:id:assetsale:20170928061439j:plain

 

f:id:assetsale:20170928061504j:plain

※植物は含まれて無い可能性があります。 

あらゆるジャンルで使えそうなめちゃくちゃ綺麗な素材。

 

画像5枚  12.50秒で一周します。

f:id:assetsale:20170928061418g:plain

 

Unity 5.3.4 以降のバージョンが必要
Textures 2048x2048
-diffuse
-specular
-normal
-emissive

 


 

f:id:assetsale:20170928062524j:plain

f:id:assetsale:20170928062517j:plain

AN OLD HOUSE

3D モデル/建物

Rusik3Dmodels

???? => $0.65    【更新日】2017年9月25日

 

庭と破壊された小屋のある古民家の3Dモデルです。

 

※バージョンが変わってなくて日付だけ変わってるため、価格が変わった可能性の高いアセットです。

 

 ホラーゲームに使えそうな廃墟っぽい家。汚れたテクスチャが良い感じ。

f:id:assetsale:20170928065222j:plain

※植物は含まれていません。

 

サンプル画像

画像5枚 12.50秒で一周します。

f:id:assetsale:20170928062919g:plain

 

アセット説明(機械翻訳)

Unity 5.3.4以降のバージョンが必要
庭と破壊された小屋のある古い家の模型。 モデルのインテリアにも出品しています。
テクスチャ
- 拡散2048×2048
- 鏡面2048×2048
- 法線マップ2048 x 2048
ポリゴン3395。

パッケージには植生は含まれていません!

 

プレハブ数2個

残念ながら一体型の素材です。内部のパーツは動かせません。

メッシュを分離できるアセットを持っていればUnity内で分解することができるかもしれません。

f:id:assetsale:20170928063709j:plain

 

メッシュを分離できるモデリングアセットは色々ありますが例えば・・・

f:id:assetsale:20170928064303p:plain

Mesh Cutter($16.20    割引無し)

※単品で買うよりフルパックの「Mesh Maker」の方がオススメです(セール待ち推奨)

 

 

パブリッシャーのアセット(記録用)

先ほどの工場(Drilling Station)と同じ作者さんです。

f:id:assetsale:20170928062644j:plain

 

 


 

無料アセット

最近アップデートされた気になるアセットを紹介

f:id:assetsale:20170928024546j:plain

f:id:assetsale:20170928024550j:plain

Automatic Quality FPS - Unity Auto-quality

スクリプト

Raf1 Dev

無料    【更新日】2017年9月26日

 

フレームレート(FPS)の負荷に合わせてPrefabをチェンジしてくれるスクリプトです。

 

Automatic Quality FPS - Unity Auto-quality - YouTube(0:42)

※船や海はアセットに含まれません。 VRコントローラー(手)はこのアセットと無関係です。

船のモデルだけ注目していると、時折3Dモデルが別のモノにチェンジしていることがわかるはず。(0:31あたりに切り替わる)

 

3段階で変化します。ハイポリ、ノーマル、ローポリ

f:id:assetsale:20170928025206j:plain

※船や海などの素材はアセットに含まれません。制御するスクリプトのみです。

 

実際に試してみた

仕組みが知りたくてインポートしてみた結果

Automatic Quality FPS - Unity Auto-qualityを使えば、ゲームが重くなったらカメラの距離に関係せず強制的にLODを切り替えてくれるのがこのスクリプトの仕組みでした。

f:id:assetsale:20170928031339j:plain

LODとは?

オブジェクトにはLODレベルが設定されていて、カメラから遠方に離れた距離に応じて、常にベストな見栄えになるようにメッシュを切り替えられるUnity標準の機能です。

 

セットアップ

シーンに「Auto_Quality_FPS」のPrefabをドロップするだけで完了です。

 

f:id:assetsale:20170928025429p:plain

あとは、オブジェクトにLODを取り付ければ、このスクリプトのパラメータに従って自動的に切り替えてくれます。

 

パラメータについて

Target FPS_min: この値を下回ると低品質に設定したモデルが表示される

Target FPS_max:  この値を上回ると高品質に設定したモデルが表示される

Delay before starting: 遅延。FPSが安定するのを待つ秒数

At start, check every: 最小、最大に達している間にチェックする間隔

Then, when it's stable, check every: FPSが安定した時にチェックする間隔

Stay on the most used quality settings after: 値が0以上の場合、最も使用されている品質設定がn秒後に選択されます。 値が0の場合、品質設定は現在レンダリングされているシーンに適応し続けます。

Apply expensive quality changes: 高品質にチェンジする必要があるかどうか

 

  

パブリッシャーのアセット(記録用)

f:id:assetsale:20170928024830p:plain