Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

【大ニュース】「RageSpline」がなんと無料化!!! Unity上で2Dベクターグラフィックスを作り、そのままゲームオブジェクトにできるエディタ

スポンサーリンク

f:id:assetsale:20171129201152j:plain

RageSpline

エディタ拡張/2D&スプライト管理

FreakowGames

$27.00 => 無料    【開催期間】2017年11月29日〜不明

 

Unity上でベクターグラフィックスを作り、そのままゲームオブジェクトにできるエディタ

昔からアセットストアの人気エディタがついに無料化!?

 

 初版リリース日:2011年4月24日

 

f:id:assetsale:20171130035208p:plain f:id:assetsale:20171130035159p:plain f:id:assetsale:20171130035204p:plain

記事後半には、無料化した「RageSpline」を拡張するアセット2つを紹介します。

どちらもパワフルな拡張エディタ。両方とも凄いよ!

  • RageTools
  •  $54.00(割引無し)「SVG」のインポート&アンチエイリアスで美しくする
  • RageTools Pro
  •  $43.20(割引無し)ベクターテキスト、マグネット、パラパラアニメ、IKなど

 

基本的な制作方法は殆ど同じで馴染みのあるハンドルを操作して生成します。

ループが出来れば内側をカラーで色塗り、もしくはテクスチャを設定して完成。

 

さらにはアンチエイリアスや色のグラデーション、エンボスもあるからある程度必要な機能は備わってる。

 

RageSpline v1.1 official trailer - YouTube(0:54)

 

前回セール情報

2015年8月4日に登場しました。このとき$25.00(税込み$21.60)

 

 サンプル画像

f:id:assetsale:20171129203349j:plain

f:id:assetsale:20171129203320j:plain

f:id:assetsale:20171129203322j:plain

 

作家さんツイート

 Unity2D のシステムを使用する、 2017 の完全な互換性、更新された物理デモ シーン Ragespline 1.7 が今生きているとアセットストアで無料

Unity2017と互換性があり、物理デモも動くし、まだ使う事が可能なエディタ。

「アセットストアで無料で使えますよ」と発表がありました。

結構古いアセットですがまだまだ現役!これはヤバいアセットだ!

 

 

オープンソース化

エディタがバグだらけで動かない報告多数ですが、

修正バージョンがgithubで公開されています。

もしエディタがエラーで動かない場合はこちらを試してみてください。

 

#unityのためのRagesplineは今opensourceです! 我々はforma.8の背景のためにRagesplineの大幅に変更されたバージョンを使用しました!

 

ダウンロード先

 

アセット説明

Unity 4.6.0 以降のバージョンが必要
RageSplineはUnityおよびUnity Pro版に対応したスムーズな2Dベクターグラフィックを作成するためのツールです。アンチエイリアス、カラーグラデーション、エンボス、テクスチャー作成、自動物理演算機能およびサンプルゲームが含まれており、iOS/Androidで素晴らしいパフォーマンスを発揮します。

ビデオ / デモ1 / デモ2 / デモ3 /

Unity 4.3.xが必要です

SVGのインポートを行うには、RageToolsをチェックしてください
アニメーションおよびテキストはRageTools Proをチェックしてください
RageSpline + Tools + Tools Proのセット:RageSuite

 

パブリッシャーのアセット(記録用)

f:id:assetsale:20171129201417j:plain

RagePixelは2012年より無料のまま

 

 

拡張版について解説 その1

拡張アセットの「RageTools 」を使えばさらに機能性がアップします。

RageSpline」が気に入ったら拡張パックで強化しよう!

 

何が出来るか調べてみました。

f:id:assetsale:20171129203552j:plain

RageTools

エディタ拡張/ユーティリティ

Freakow

$54.00(割引無し

 

今回無料化になった「RageSplineの機能拡張版その1。

 

イラストレーターなどで作られた「SVGファイル」のインポート、

ベクターデータを綺麗にする、エディタの編集機能を強化してくれます。

 

特徴1

ベクターデータの「SVG」ファイルがインポート可能になります。

これが一番凄くて欲しい機能!

1) Rage SVG-In、ベクターアートインポーターはAdobeIllustrator™およびInkscapeファイルに対応

RageSplineはUnity内でベクターを作成しますが、外部ファイルを読み込むことができないのが弱点で、インポートできるだけで十分価値があると思います。

 

 

サンプルデモ

WebPlayerデモをやってみた。

※再生できない場合はPalemoonブラウザがオススメ。

マウスを移動させると回転させてプレビューできるサンプル。

やっぱりSVGのグラフィックは最高に綺麗。

RageSplineより綺麗で、簡単に描けないレベルの高度なSVGがレンダリングされた。

 

特徴2

滑らかさ、アンチエイリアス、LODなどビジュアルを綺麗にしてくれます。

2) Rage EdgeTune、詳細度(LOD)ツール、リアルタイムで形のアンチエイリアス処理とスムーズ度を調節。

リアルタイムに接近しても綺麗に見える最適化。

 

特徴3&4

エディタの編集機能を高めます。

3) Rage Pivotools、ピボット点を再び中央揃え

4) Rage CanvasAlign、GUIエレメントをスクリーンの角または端に固定

 

RageTools: Flash-like 2D Vectors and GUI for Unity - YouTube(7:54)全17回のチュートリアル

 

サンプル画像

画像4枚  10秒で一周します。

f:id:assetsale:20171130032305g:plain

アセット説明

このアセットは同時に利用する人数分のライセンスが必要です

Unity 4.6.1 以降のバージョンが必要
RageSplineおよびUnity 4.3以上が必要

 

RageToolsは、Unityのコンポーネントのコレクションであり、RageSplineを大幅に拡張します。

1) Rage SVG-In、ベクターアートインポーターはAdobeIllustrator™およびInkscapeファイルに対応

2) Rage EdgeTune、詳細度(LOD)ツール、リアルタイムで形のアンチエイリアス処理とスムーズ度を調節。

3) Rage Pivotools、ピボット点を再び中央揃え

4) Rage CanvasAlign、GUIエレメントをスクリーンの角または端に固定

 

- Plus RageConstrainと時間を節約してくれる多くのマクロ、完全なソースコード付属、カスタムdllなし

 

ウェブサイト・ビデオ | デモ | ドキュメント | チュートリアル RageSpline + Tools + Tools Proパック=RageSuite

 

アセットストアでは別のパブリッシャーとして登録されてますが、

公式サイトへのリンクが同じなので、同じ作家さんによるアセットだと思います。

 

 

 

 拡張ツールその2

RageTools Pro

※注意RageToolsが必要です。両方揃ってやっと使えるツール。

f:id:assetsale:20171129203959j:plain

RageTools Pro

エディタ拡張/ユーティリティ

Freakow

$43.20(割引無し

 

特徴1

「ベクターテキスト」をジェネレートできるようになります。

1) Rage Text、ScaleForm(tm)の一つに類似のベクターテキストジェネレーター

f:id:assetsale:20171130033910j:plain

f:id:assetsale:20171130032617j:plain

 

特徴2

ベクターアートのマグネット、パラパラアニメさせるコンポーネント

2) Rage Magnet、エリアベースの変換とベクターアートのアニメーションコンポーネント

f:id:assetsale:20171130033205j:plain

エリアベースで曲線を引っ張るようなマグネットスクリプト。

 

f:id:assetsale:20171130033337j:plain

フレーム毎にパラパラアニメさせるスクリプト。

Inspectorにサムネイルも表示されていて中々凄い。

 

特徴3

キャラクターをIK(インバースキネマティクス)にするスペシャル機能。

3) Rage IK、ワンクリックの設定、複数セグメントの2D Inverse Kinematicsツールで簡単に形をポーズ

f:id:assetsale:20171130032809j:plain

歩行アニメーションをするサンプル画像。

キャラの関節にアイコンが付いていてIKで動くみたいです。これは凄い!

f:id:assetsale:20171130034226j:plain

 

 

特徴5

ベクターアートからスプライトを作成します(モバイルに最適)アトラス化もされる。

5) Rage Sprite、ベクターアートから直接モバイルパフォーマンスのスプライトを作成。アトラスも忘れてはなりません!

 

サンプルデモ

WebPlayerデモをやってみた。

パラパラアニメ。そしてパララックスする背景と建物。

SVGだから凄い美しいグラフィック!

«視差アニメーションのズームボタンをクリックします。 ユニティウィンドウをクリックし、Ctrl +プラスとCtrl +マイナスを押すと、ベクトルリアルタイム調整が有効になります»
«100%コードレスセットアップ:RageTools ProのRageButtonによるボタンの相互作用。 HOTweenで視覚的に作成されたモーショントゥイーン

 

 

アセット説明

このアセットは同時に利用する人数分のライセンスが必要です

Unity 4.6.1 以降のバージョンが必要
* RageSplineおよびRageToolsが必要

RageTools Proは、RageSpline + RageToolsの強力な強化コンポーネントセットです。

1) Rage Text、ScaleForm(tm)の一つに類似のベクターテキストジェネレーター

2) Rage Magnet、エリアベースの変換とベクターアートのアニメーションコンポーネント

3) Rage IK、ワンクリックの設定、複数セグメントの2D Inverse Kinematicsツールで簡単に形をポーズ

4) Rage Button、インターフェイスボタンアニメーションとアクションフックをコードなしで設定

5) Rage Sprite、ベクターアートから直接モバイルパフォーマンスのスプライトを作成。アトラスも忘れてはなりません!

Unity無料版とコンパチブル、4.3.以上 | ソースコード付属 ウェブサイトおよびビデオ | デモ | ドキュメント | ゲーム

RageSpline + Tools + Tools Pro=RageSuite

 

 

 

 パブリッシャーのアセット(記録用)

f:id:assetsale:20171130031850j:plain