Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

【新作無料アセット】NVIDIAのプラグイン本体がついに登場!「剛体、軟体、ソフトボディ、布、流体」のリアルな物理表現が可能になるパーティクルベースの物理シミュレーション 「NVIDIA FleX for Unity (1.0 BETA)」

スポンサーリンク

f:id:assetsale:20180719090230j:plain

NVIDIA FleX for Unity (1.0 BETA)

スクリプト/物理エンジン

NVIDIA Corporation

新作無料ベータ版)  【リリース日】2018年7月18日

 

NVIDIA GameWorksによるリアルタイム物理エンジン。

超リアルな「剛体、軟体、ソフトボディ、布、流体」が表現可能になる「NVIDIA FleX」

Unity版プラグインがついに公開されました。

 

 

サンプルシーン

アセットにサンプルシーンが含まれていませんので、

一緒にダウンロードしてください。

NVIDIA FleX Unity Plugin Samples (1.0 Beta)

9つのサンプルシーン。全部めちゃくちゃ面白かった! (´∀`*)

 

Radeonのグラボでも動作しましたよ〜。

 

f:id:assetsale:20180719095514g:plain

 

前回の記事

2018年7月11日

NVIDIA FleXについての基礎情報と、

アセットストアに昔からあったFlexの移植作「uFlex」についてまとめた記事です。

FleXはリアルタイムビジュアルエフェクトのためのパーティクルベースのシミュレーション技術です。 伝統的に、ビジュアルエフェクトは、剛体、流体、衣服などの特殊なソルバを使用して作成された要素の組み合わせを使用して作成されます.

 

待望のFleX Unity版が本日アセットストアに公開!

 

追記 2018年7月19日(23:03)

作成途中だった記事が完成しました。

新しく追加した部分がありますので、

一度ご覧になった方でも楽しめる内容になったかなと思います。(=゚ω゚)ノ

 

 


 アセットストア公式イベント情報

f:id:assetsale:20180703044252j:plain

購入額に応じて人気アセットが無料でゲットできるイベント第二弾開催中!

 

 

イベントページ」にて、エントリーしてから購入することをお忘れ無く!

対象アセットまとめ記事:こちら

 

【イベント開催期間】2018年7月1日〜7月31日(火)まで 

 詳しくは記事最下部をチェック!


 

 

 

動画のロングバージョン ↑

 

 

NVIDIA FleXとは?

FleXはリアルタイムビジュアルエフェクトのためのパーティクルベースのシミュレーション技術です。従来、ビジュアルエフェクトは、剛体、流体、衣類などの特殊なソルバを使用して作成された要素の組み合わせを使用して作成されました.FleXは、 さまざまなシミュレートされた物質が相互にシームレスに相互作用できる新しい効果を可能にします。 このような統合された物理ソルバーは、Autodesk MayaのnCloth、SoftimageのLagoaなどのツールが広く使用されている、オフラインのコンピュータグラフィックスの世界の定番です。 FleXの目標は、これらのオフラインアプリケーションの機能をリアルタイムのコンピュータグラフィックスにもたらすためにGPUのパワーを使用することです。

引用:NVIDIA FleX | NVIDIA Developer

 

※この動画は公式サイトのものです。Unity版と違う場合があります。

 

NVIDIA GameWorksによるリアルタイム物理エンジン「PhysX Flex」

パーティクルベースで「剛体、流体、衣類」などのリアルな物理表現をシミュレーションするテクノロジーです。

 

NVIDIA FleX for Unity チュートリアル動画

 

新しい動画が4種類公開されました。

 

Part.1

Developer FleX Unity Plugin Tutorial Pt. 1 - YouTube(2:19)

 

Part.2

Developer FleX Unity Plugin Tutorial Pt. 2 - YouTube(4:48)

 

Part.3

Developer FleX Unity Plugin Tutorial Pt. 3 - YouTube(4:22)

 

Part.4

Developer FleX Unity Plugin Tutorial Pt. 4 - YouTube(4:53)

 

ドキュメント(動画へのリンク)

Introduction
Container
Particle Array Object
Particle Source Object
Particle Unity Rendering
Particle Surface Rendering
Solid Object
Solid Rendering
Cloth Object
Cloth Rendering
Cloth Attachments
Soft Object
Soft Rendering
Soft Objects with Skinned Characters

 

 

パッケージ内容

f:id:assetsale:20180719102457j:plain f:id:assetsale:20180719102501j:plain

 

FleXサンプルシーンのアセット

NVIDIA FleX Unity Plugin Samples (1.0 Beta)」からダウンロードしてください。

 

 

サンプル画像

画像6枚 15秒で一周します。

f:id:assetsale:20180719095514g:plain

 

 

必要スペック(重要)

動作要件

- Windows 7(64ビット)以上のWindows PC

- DX11またはCUDA対応グラフィックカード

- Unity 2017.3 or 以降

 

開発環境は「Unity for Windows」が必要です。

 

参考

CUDA - Wikipedia

 

MacのBootCamp環境での動作検証

f:id:assetsale:20180719125015j:plain

MacBookProのノートパソコンで、

BootCampでWindows環境のUnityを起動してテストしたらサクサク動きました〜(>_<)

パーティクルベースだから爆速っぽい!!

 

ずっとNvidia製のグラフィックボードが必要だと思っていましたが、必要無し。

DirectX11が動作すれば、動くと思いますよ!

 

サンプルシーン9つ、じっくり堪能しましたよ♫

 

Unityの物理演算が格段にレベルアップして脳が震えた。神アセット確定!

 

サンプルシーン

 

1. Array Actor

f:id:assetsale:20180719224211g:plain

空のゲームオブジェクトに粒子を指定するだけで簡単に作れる。

 

2. Source Actor

f:id:assetsale:20180719223255g:plain

パーティクルベースだからサクサク動く!

 

3. Solid Actor

f:id:assetsale:20180719224629g:plain

バウンド力のある物質

 

4. Soft Actor

f:id:assetsale:20180719224957g:plain

ソフトボディの円柱体がふにゃり変形

 

5. Cloth Actor

f:id:assetsale:20180719225358j:plain

布に土が入ったような質感の玉

 

 

6. Particle Controller

f:id:assetsale:20180719225354j:plain

粒子がグシャっと潰れて飛び散る

 

7. Soft Skinning

f:id:assetsale:20180719202527g:plain

メッシュをソフトボディにするメイン級のサンプル。

10体以上配置してみたら、11体目以降が静止したままになったのが気になる。

f:id:assetsale:20180719225932j:plain

容量の都合で静止画のみ。↑11体目以降が空中で静止して動かなくなった。

ベータ版だからこういうのあるかも。

 

8. Cloth Deformation

f:id:assetsale:20180719222353g:plain

水風船3つがブヨブヨ跳ねる!

 

9. Fluid Renderer

サンプルシーンの中で最も美しく遊び甲斐のある流体シミュレート

 

プールに水を張って遊びたい!

 

使い方

 

追記 2018年7月19日 (12:45)

何となく把握できました。引き続きこの記事へ追記してまとめる予定です。

追記 2018年7月19日(23:03)

大変お待たせいたしました。完成です。

 

とりあえずコレ!

f:id:assetsale:20180719202527g:plain

足の先までプルプルする「ソフトボディ」のタコをシミュレート!

 

サンプルシーン「7. Soft Skinning」

Developer FleX Unity Plugin Tutorial Pt. 4 - YouTube(4:53)

作り方はこちらの動画そのものなので、見ながら作れば一発です。

ここでは、動画を見て思った事を書き出します。

 

 

「タコ」を選択した状態

f:id:assetsale:20180719192620j:plain

タコ3体が落下して衝突&バウンドするサンプルシーンです。

構造が非常に簡単なので、別のメッシュに置き換えればソフトボディが楽しめます!

 

 

① NVIDIAメニューからアセットデータを作成する。

Post Processing Stack」のような設計で、

物理パラメータのアセットデータを作成して、それをコンポーネントにセットして使う方法でした。

 

f:id:assetsale:20180719193416j:plain

Create Asset:アセットデータを作成します。物理的なパラメータ群です。

 

f:id:assetsale:20180719195930j:plain

・Flex Soft Asset

・Flex Soft Asset

 

※メニューは「右クリックメニュー」にもあります。

 

 

② オブジェクトにコンポーネントをアタッチする

f:id:assetsale:20180719193412j:plain

もう片方のメニューから、9種類のコンポーネントを選んでアタッチ。

※ 組み合わせパターンは色々あります。サンプルシーンを参考にします。

 

・Flex Soft Actor

・Flex Soft Skinning

 

 

いきなり↑を突きつけられても意味不明なので、

紹介動画を見ながら、何となく解説していきます。

 

 

Flex Soft Actor

f:id:assetsale:20180719201044j:plain

紹介動画では、「Flex Soft Actor」を先に作成して

「粒子のタコ」から先に着手していました。↓

f:id:assetsale:20180719201515g:plain

 

「Boundary Mesh」にタコのメッシュをセットすると、

プレビューに「色分けされた粒子」が表示されます。

 

f:id:assetsale:20180719203529g:plain

どこがどの程度動くか確認できるようになっている。

 

f:id:assetsale:20180719204332j:plain

 

「Draw Particles」をONにすると、粒子状のタコが表示される。

f:id:assetsale:20180719204419j:plain

回転を加えて実行すると、

f:id:assetsale:20180719201515g:plain

階段を滑り落ちるタコが完成!めちゃくちゃ簡単♫

 

 

粒子をメッシュに置き換える

f:id:assetsale:20180719205014j:plain

普段の「Skinned Mesh Renderer」コンポーネントを追加して、

タコのMeshをセットします。

 

Draw ParticlesのチェックをOFFにすることを忘れないように。

f:id:assetsale:20180719205206j:plain

マテリアルを適応させてあげれば、この通りタコが表示されます。

 

f:id:assetsale:20180719205344j:plain

このまま実行してもたぶん動かないので、

「Flex Soft Skinning」コンポーネントを追加して、初期値のままでOK。

これで完成です!

f:id:assetsale:20180719205754g:plain

 

再びサンプルプロジェクトの方を見てみると、動画と同じ設定でした。

f:id:assetsale:20180719200136j:plain

とても簡単に設定できてパワフルなツールですね。これはすごいゾ・・・

 

タコのパラメータを触って粘着を表現

することが出来ましたよ!

f:id:assetsale:20180719211100g:plain

 

壁に引っ付けて落ちていくあの玩具っぽくないですか?

 

やり方はとっても簡単♫

f:id:assetsale:20180719211517j:plain

「FlexContainer」を開いて、

Adhesion(粘着)パラメータを増やせば、ガッツリ引っ付きます。

 

菊之助とタコのすけ(おもちゃ)と力丸~Munchkin And Octopus Toy - YouTube(2:51)

これこれ!この引っ付いて落ちていく玩具っぽい挙動のことです。猫かわいい(=゚ω゚)

 

この機能だけで何かゲームが作れちゃいそうですね。

 

 

パラメータ日本語訳

 

「FlexContainer」アドバンスモード中のパラメータ

f:id:assetsale:20180719220431p:plain

f:id:assetsale:20180719220414p:plain

 

「FlexSoftAsset」ソフトボディのパラメータ

f:id:assetsale:20180719221638p:plain

 

 

アセット説明(機械翻訳)

Unity 2017.1.0以降のバージョンが必要

FleXはリアルタイムビジュアルエフェクトのためのパーティクルベースのシミュレーション技術です。 伝統的に、ビジュアルエフェクトは、剛体、流体、衣服などの特殊なソルバを使用して作成された要素の組み合わせを使用して作成されます.FleXはすべてのオブジェクトタイプに対して統一されたパーティクル表現を使用するため、 シームレスに。 FleX Unityプラグインは、FleXが提供する可能性をUnity開発者にとって直感的なワークフローで公開します。

含まれるドキュメント

要件:


- Windows 7(64ビット)以上のWindows PC、-DX11またはCUDA対応グラフィックカード - Unity 2017.3 or 以降

 

 

パブリッシャーのアセット(記録用)

f:id:assetsale:20180719094315j:plain

 

 


 

 

 

NVIDIA FleX Unity Plugin Samples (1.0 Beta)

 

NVIDIA FleX本体をインポートしたらサンプルシーンも導入しよう!

f:id:assetsale:20180711055212j:plain

NVIDIA FleX Unity Plugin Samples (1.0 Beta)

スクリプト/物理エンジン

NVIDIA Corporation

新作無料ベータ版)  【リリース日】2018年7月10日

 

NVIDIA FleX Unity Pluginの「サンプルシーン集」です。

 

9種類のサンプルシーン

f:id:assetsale:20180711072524j:plain f:id:assetsale:20180711072527j:plain

このアセットは「NVIDIA FleX」のサンプルシーン集です。

9つのサンプルから活用方法が学べます。

 

1. Array Actor

2. Source Actor

3. Solid Actor

4. Soft Actor

5. Cloth Actor

6. Particle Controller

7. Soft Skinning

8. Cloth Deformation

9. Fluid Renderer

f:id:assetsale:20180711073438j:plain

ドロドロのお餅が布袋に入ったような物質衝突シミュレート

f:id:assetsale:20180711073442j:plain

タコに似せた「軟体」オブジェクトの衝突シミュレート、

f:id:assetsale:20180711073446j:plain

粒子が流れる流体シミュレート

 

などなど9つのサンプルが含まれています。

 

アセット説明(機械翻訳)

Unity 2017.1.0以降のバージョンが必要

NVIDIA FleX Unity Pluginのサンプルシーン。 サンプルパッケージの前にFleX Unity Pluginパッケージをインポートしてください。

要件:-------------
- Windows 7(64ビット)以上のWindows PC
-DX11またはCUDA対応グラフィックカード
- 2017.3以降のバージョン
- NVIDIA FleXプラグイン

 

パブリッシャーのアセット(記録用)

f:id:assetsale:20180719094315j:plain

 


 

 

7月も続行!ご利用額達成で大人気アセットを無料でGET

お得なイベントのお知らせ(2018年7月31日まで)

 

アセットストアのUnity公式イベント第二弾がスタートしました!!

 

今回のテーマは「IK制御」と「SF」

 

・「Bio IK」($30達成で無料化

VRデバイスでキャラをコントロールしてバーチャルYoutuberができちゃう安価なIK制御アセット。

 

・「SF系の人気アセット 4種類」乗り物、キャラ、背景、宇宙生成

f:id:assetsale:20180703044252j:plain

※ 最低額のハードルが前回より下がって達成しやすくなりました。

・「$50」→「$30」

・「$250」→「$199」

 

「$30」達成条件の「Bio IK」が熱い(欲しい)!!

 

 

 【イベント開催期間】2018年7月1日〜7月31日(火)まで

 

 

参加方法(必須条件)

イベントに参加するには、

 イベントページにてUnity ID(メールアドレス)を登録する必要があります(重要

 

エントリーしてから、イベント期間中に$30、$99、$199以上ご購入すると、

ご利用額に応じて5つのアセットが無料でゲットできます。

 

ボーンのIK制御、SF素材、宇宙誕生エディタ

f:id:assetsale:20180703044252j:plain

 

今回の注目アセットは「Bio IK」です。

f:id:assetsale:20180703051507j:plain

バーチャルYoutuberが出来ちゃうパワフルなIKエディタ。

 

指定した座標まで腕や頭をゴールポイントまでIK移動させる機能により、キャラクターを操ることができるスクリプトです。

WebGLで意味がわかるはず)

  

ブログで紹介した事が無いアセットなので、近日調べて記事にしたいと思います。

 

全6アセットまとめ記事

 

ボーンのIK制御、SF素材、宇宙誕生エディタ

人気アセットがてんこ盛り♫  お得にゲットしちゃいましょう。

f:id:assetsale:20180703044252j:plain

  1. Bio IK   $20(記事無し)指定した座標に手や指の関節をスムーズに移動させるエディタ(WebGLで意味がわかるはず)
  2. The Starfighter    $50(記事)宇宙と大空を飛行して戦闘をする巨大戦艦
  3. Sci Fi Space Soldier PolygonR  $10(記事)HALOのマスターチーフみたいなキャラ素材
  4. SciFi Industrial Level Kit 2.0.  $70旧記事大きな工場、科学技術、ハイテク産業のテーマシーンのSF系インテリア3Dモデル
  5. SPACE for Unity - Space Scene Construction Kit   $85 (記事)マウス1クリックで超綺麗なオリジナル「宇宙」が爆誕するエディタ

 

【イベント開催期間】2018年7月1日〜7月31日(火)まで

 

  

過去セールから神アセットを探す

過去大セールで登場したタグ一覧です。ぜひご活用下さい。

f:id:assetsale:20180430173156j:plain

※右サイドバーの「月別アーカイブ」や「タグ」からチェックすることもできます。

 

 

アセットの検索方法

検索ボックスから「アセット名」「希望する機能のワード」を入力してチェックしてください。 

f:id:assetsale:20171128032556j:plain

 

 

【新サイト】アセット割引情報

 

f:id:assetsale:20180501191417p:plain 

Shader Forge

$43.20 => 無料化   100%OFF!!

 


 

【過去ログ】無料アセット

【過去ログ】作者セール&注目アセット

 

【よく使う記事】無料の3Dモデルまとめ