Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

【無料アセット】キャラクターが進む視界を良好にするトップダウンカメラ。モバイルプラットフォームにも最適化されている新作ゲームカメラを試してみた

スポンサーリンク

今日の無料アセット

 

  • f:id:assetsale:20180226121412p:plain

  • Flexible Camera (TD)
    • 上から見下ろし視点のカメラ「トップダウン」用ゲームカメラのスクリプト
    • プログラミングせずゲームカメラを手軽に実装できる。
      • 無料    【更新日】2018年2月22日

 

f:id:assetsale:20180226003814j:plain

Flexible Camera (TD)

スクリプト/カメラ

BattleForge

無料    【更新日】2018年2月22日

 

トップダウン視点のゲームカメラをパラメータ変更だけで制御できるスクリプトです。

 

モバイルプラットフォームでも動作する設計

シンプルで速く実装でき、しかも高度にカスタマイズ可能です。モバイルプラットフォーム用にも最適化されています。

 

Flexible Camera - YouTube(3:58)

カメラに「Flix Cam」コンポーネントをアタッチして、

プレイヤーをセットするだけで基本的動作が完了するゲームカメラ。

 

カメラ移動とズームアウト

キャラクターが移動すると、進行方向にカメラが移動。視界良好にしてくれます!

移動をやめて立ち止まればカメラがズームアウトします。

 

 - MoveAhead:カメラの速度に基づいて、カメラが移動している方向にカメラを移動します。
- ズームアウト:プレーヤーの速度に基づいてカメラをズームアウトします。

 

カーソルに追従

マウスカーソルの位置とカメラに注目!カーソル位置を基にカメラが追従してくれます。

 - CursorFollow:Playerからのカーソルのスクリーンスペース位置に基づいてカメラを移動します。

 

カメラコンポーネント全体

f:id:assetsale:20180226003637j:plain f:id:assetsale:20180226003636j:plain

カスタマイズできるパラメータが豊富。

詳細はReadme.txtに詳しく書かれていますので必読です。

 

 

画面からはみ出る問題

サンプルデモシーンのカメラスクリプトに何も手を加えず実行

(背景は別の無料アセット

手前へ移動するとキャラクターが画面の外へ見切れてしまう。

手っ取り早い対処方法としてカメラを10度傾けるだけで解決しました。

f:id:assetsale:20180226004538j:plain

Camera Base Rotation X値を90から80へ変更するだけ。

※冒頭のユニティちゃん動画が対応済みの動画です。

 

本来は画面から見切れないようにするパラメータを変更するべきですが、

これが中々難しい。

 

ユニティちゃんが立ち止まった時にカメラがズームする辺りが3D酔いやすいので、

改善する設定を探していたら限界に・・・。

 

※カメラの揺れがキツイ... 動画の見過ぎに注意です。

   

サンプル画像

f:id:assetsale:20180226125557j:plain

f:id:assetsale:20180226125604j:plain

 

 

アセット説明(機械翻訳)

Unity 2017.2.0以降のバージョンが必要
| Forum | E-Mail |

このアセットは、連続的な滑らかな動きを利用したトップダウンカメラまたはサイドスクロールカメラを提供するように設計された、機能が豊富なスクリプトで構成されています。それはプレーヤーの視界を最大にし、戦闘シナリオと高速機動性に最適化されています。

シンプルで速く実装でき、しかも高度にカスタマイズ可能です。モバイルプラットフォーム用にも最適化されています。

機能:
- MoveAhead:カメラの速度に基づいて、カメラが移動している方向にカメラを移動します。
- ズームアウト:プレーヤーの速度に基づいてカメラをズームアウトします。
- LockOn:LockOnターゲットを割り当てて、カメラがその両方を保持し、Playerを視界に入れます。以下のタイプがあります:一時的、返品、永続的。
- シェイク:カメラを振る。カスタムの持続時間と強度を可能にし、インテリジェントアルゴリズムを使用してシェイクエフェクトを追加します。
- CursorFollow:Playerからのカーソルのスクリーンスペース位置に基づいてカメラを移動します。
- 制限:コライダーと最小/最大を調整してカメラの位置を制限できます。
- モバイルプラットフォーム用のオプションの縦横比補正。

特徴:
- シンプルで簡単にセットアップできます。プレハブを使用するか、メインスクリプトをカメラに追加するだけです。
- 機能を無効にしたり有効にしたり、パラメータを変更したり、実行時にアクティブ化を切り替えたりする場合でも、いつでもスムーズに行えます。
- 詳細な設定オプションのための露出パラメータの大量。
- 基本カメラの回転を任意の方向に設定できます。それは傾きを含むことができます。
- モジュラー機能。それぞれはオンとオフを切り替えることができます。コードはカスタマイズ可能に書き込まれます(c#)。パラメータは、外部スクリプトと対話するように設定されています。他の人に影響を与えることなく、単一の機能を変更することができます。
- すべての関数、パラメータ、メソッド、および一貫したReadMeファイルの完全なドキュメント。十分なデモが含まれています。
- 主な機能はカーソルを必要としないため、モバイルフレンドリーです。性能低下をほぼゼロにします。
- LateUpdateメソッドを使用してカメラの位置を移動するだけなので、他のタイプのカメラアセットと互換性があります。
 

※問い合わせ先は迷惑メール防止の為省略しております。

 

2.5Dゲーム用のサイドビューカメラも搭載されていますが、

デモシーンが正しく動作しないため触っていません。

 

パブリッシャーのアセット(記録用)

f:id:assetsale:20180226003951j:plain

 


 

ユニティちゃんをお借りしました。

f:id:assetsale:20170616174948p:plain

この作品はユニティちゃんライセンス条項の元に提供されています

 

【過去ログ】作者セール&注目アセット