Unity AssetStoreまとめ

アセットストア日替わりタイムセールの記事を書いていきます。

【新作アセット】複雑な3Dモデルをワンクリックでお手軽ビルボード!あらゆる角度から撮影してどの角度でも見れる”だまし絵”のような3Dビルボードが新登場! 影やライティングの影響も受ける本物ソックリ超最適化エディタ!「Amplify Impostors [BETA]」

スポンサーリンク

f:id:assetsale:20180710103707j:plain

Amplify Impostors [BETA]

エディタ拡張/ユーティリティ

Amplify Creations

$64.80  (ベータ版)  【リリース日】2018年7月9日

 

ノードベースのシェーダエディタ「Amplify Shader Editor」で有名なパブリッシャー

Amplify Creations」による、最適化エディタが本日リリースされました。

 

複雑な3Dモデルを、ワンクリックで簡単ビルボード!

あらゆる角度からカメラで撮影してくれて、

どの角度から見ても大丈夫になる「だまし絵」のような3Dビルボード化エディタです。

f:id:assetsale:20180710132519g:plain

負荷の大きな木や建物、岩など、大量に配置しても爆速でレンダリングできて、

オリジナルとほぼ遜色のない美しいビジュアルで仕上がるみたい。

 

フォトリアルでクオリティの高い作品が年々増加している昨今、

品質が維持できて、3Dモデルと同じように扱えそうな夢のようなツール。

これを必要とする人が多そうな感じがする最適化エディタが新登場!

 

現在ベータ版

不具合など気になる点はあると思います。

いち早く試してみたい方向けのアセットです。

 


 アセットストア公式イベント情報

f:id:assetsale:20180703044252j:plain

購入額に応じて人気アセットが無料でゲットできるイベント第二弾開催中!

 

 

イベントページ」にて、エントリーしてから購入することをお忘れ無く!

対象アセットまとめ記事:こちら

 

【イベント開催期間】2018年7月1日〜7月31日(火)まで 

 詳しくは記事最下部をチェック!


 

 

 

Amplify Impostors [BETA]とは?

 

1クリックで完成するお手軽ビルボード作成エディタです。

 

ポリ数が多くて負荷の掛かる3Dモデルを、あらゆる角度からカメラで撮影して、

四角形または多角形で見ることが可能になるビルボードに置き換えます。

f:id:assetsale:20180710121924j:plain

 

ポリ数の大きな3Dモデルを超低ポリなビルボードに置き換えます。

 

「通常のビルボード」はどの角度から見ても、

こちら側を向いてしまい「横」や「裏側」を見る事が出来ない書割りですが、

 

Amplify Impostors [BETA]なら、どの角度から見ても大丈夫!

複数のカメラであらゆる角度から撮影して、テクスチャを作成します。

メインカメラの角度でテクスチャを切り替えてくれる「だまし絵」のような技術です。f:id:assetsale:20180710122130j:plain

360度カメラで撮影して3Dのフェイク表現が可能になる!

 

フレキシブル

表現方法は、「球面、八面体、ヘミ八面体」の3タイプ用意されています。

f:id:assetsale:20180710122610j:plain

モデルに最適なタイプが選択できるようになっています。

 

どの角度から見ても大丈夫!

f:id:assetsale:20180710123159j:plain

移動回転、スケールはもちろん、通常の3Dモデルがあるように見せられる3Dビルボード。

 

オブジェクトの交差+影やライティング

f:id:assetsale:20180710124018j:plain

「影の受け取りとキャスト、他のオブジェクトやImpostorsとの交差、LODGroupやサードパーティのLODシステム」にも対応しています。

 

これなら通常の3Dモデルにかなり近いレベルで扱えてシーンに溶け込んでくれそう!

ポリ数の多い超綺麗なグラフィックでも

サクサク動くシーンにしてくれる次世代ビルボードでしょう!

 

1-Click Impostor Creator!
次世代ビルボードImpostorsを使用して、プロジェクトを簡単に最適化します。

Impostorsとは何ですか?
Impostorsは、元のオブジェクトの偽の3D表現をレンダリングすることによって複雑なジオメトリを置き換える、カメラに面する四角形または単純な多角形です。

 

フレキシブル
Impostorsは、移動、回転、拡大縮小、影の受け取りとキャスト、他のオブジェクトやImpostorsとの交差、LODGroupやサードパーティのLODシステムで使用できます。

 

ビュー間のスマートなブレンド

f:id:assetsale:20180710124325j:plain

回転が掛かってもカクカクせず滑らかに見せてくれます。

f:id:assetsale:20180710111328g:plain 例えばこんな感じ

 

大量に配置できる!オリジナルと遜色なし

f:id:assetsale:20180710130012j:plain

大量に木を配置したシーンを見比べた結果

左:Amplify Impostors [BETA]

 

CPU:約4倍軽く、2.8倍速い

ドローコール:9.53倍少なくなった。41って・・・モバイルでもサクサク

Tris:約570倍少なくなった!

FPS:100超えで爆速。オリジナルより3.6倍高速

 

スゴすぎる!(>_<)

 

Impostorsを探せ!

Amplify公式Twitter  - Amplify Impostorsの動画

 

もはや3Dモデルのようにしか見えないImpostors!

 

Impostorsの種類

以下、マニュアルより引用

 

説明

Amplify Impostorsは、元々のオブジェクト(したがってその名前)の偽のバージョンをレンダリングする、平坦で単純なポリゴンで作られた複雑な高ポリゴンオブジェクトの代わりとなる、さまざまなタイプのImpostorsの作成を可能にする、小さくても強力なツールです。 伝統的なスプライトとよく似ていますが、通常は1つの平面四角形または単純な多角形で構成され、古典的なビルボードのように常にカメラに面しています。 それらを、レンダリングしたいオブジェクトの段ボールバージョンに向いているカメラと考えてください。 このような技術を使用する共通の目的は、非常に低いポリカウント(例えば、樹木、茂み、岩石、遺跡、建物、小道具など)を遠くに置くことができることである。

これらのImpostorsを作成するには、それぞれ独自の長所と短所を持つさまざまな方法があります。 このツールは、最も簡単で簡単な方法を作成しながら、最も有用で一般的なテクニックを提供することを目指しています。

 

球面

f:id:assetsale:20180710110810g:plain f:id:assetsale:20180710110819p:plain

 Spherical:複数のショットを典型的な緯度経度形式で取得します。 シェーダはシンプルで速く、impostorは近い距離から大丈夫ですが、フレーム間のポップはかなり目立ちます。 これは、解像度を犠牲にして軸のフレーム数を増やすことによっていくらか軽減することができます。

 

八面体

f:id:assetsale:20180710111150g:plain f:id:assetsale:20180710111158p:plain

八面体:icosphere形式で複数のショットを取ります。 これは、3つの固定された近隣カウントを保証するために行われ、カメラに対する任意の所定の位置において、最も近い3つのフレームをブレンドすることができる。 これは、フレーム間のポップを除去する利点があります。 一方、シェーダの複雑さは高くなり、距離を見るとブレンドが目立たなくなりゴーストの目立つアーティファクトになります。

 

ヘミ八面体

f:id:assetsale:20180710111328g:plain  f:id:assetsale:20180710111328p:plain

HemiOctahedron:ヘミ変種は通常の八面体に似ていますが、同じ量のショットを取ることに違いがありますが、オブジェクトの上半球からのみ、効果的にブレンドの精度が倍増します。 しかし、下半身を焼かないことによって、下から見たときに誤った結果が生じるという欠点があります。 この手法は、オブジェクトが常に上から見えることがわかっている場合(つまり、トップダウンカメラ)にのみ使用されます。

 

 

Inspector画面概要

以下、マニュアルより引用

 

Amplify Impostor

f:id:assetsale:20180710112248p:plain

最適化するデータをセットして「BakeImpostor」クリックでビルボードが作成される。

Impostor Asset:ベイクするための情報で、似たオブジェクトが複数あるときに共有して使う。

References -> Element:ベイク対象のメッシュを登録します。

 

 

詳細設定

f:id:assetsale:20180710113519p:plain

情報をセットした後に、ベイク前に事前設定できる項目です。

※「Bake Impostor」の左側にある歯車(元々は+ボタン?)から開けるみたい。

 

Bake Type:3種類のタイプからビルボードの種類を選ぶ。球面、八面体、ヘミ八面体

 

 

Billboard Mesh

ポリカウントや形状の改善が必要な時に触る項目で、

Unityのシェイプエディタを使い、適切な形状の近似を見つけます。

 

Max Vertices

f:id:assetsale:20180710114057g:plain

Max Vertices[4,16]:頂点の最大数を定義することによって、前の2つの演算子が何をしても、最終的な作成量はそれを超えません。 そのような場合は、指定された値が満たされるまでシェイプの最小面積に寄与する各頂点が削除されます。

 

Outline Tolerance

f:id:assetsale:20180710114212g:plain

Outline Tolerance [0,1]:このパラメータを使用すると、オブジェクトの数や頂点を増やすことで、最終的なシェイプをオブジェクトに強くフィットさせることができます。 公差を0に設定すると、生成されたシェイプがオブジェクト全体をカプセル化していることが確認されます。ただし、値が1の場合は合理的な数の頂点で可能な限りシェイプに近づけようとします。

 

Normal Scale

f:id:assetsale:20180710114315g:plain

Normal Scale [0,1]:シェイプ法線に従って頂点をスケールします。 シェイプがプレビュークォードボーダーに接触すると、プレビュークォードボーダーに接触し、必要に応じてクランプされ、頂点が削除されます。 クワッドを生成する素早い方法は、この値を最大にすることです。

 

手動モード

f:id:assetsale:20180710114354g:plain

手動モードでは、自動ツールを使用することはできますが、各頂点の位置を個別に微調整することもできます。

 

ロードマップ (2018年7月10日時点)

将来的な組み込み予定リスト。

 

負荷時ベーキングImpostors
ランタイムベーキングImpostors(アニメーションサポートあり)
カスタム材料と地図焼成
バッチ処理(マルチオブジェクトベーキング)
ベーキング時間とレンダリング速度の向上
カスタム詐称シェーダのAmplify Shader Editorとの容易な統合
カスタムシェイプエディタで頂点の追加と削除を許可する
スクリプト可能なレンダラーパイプライン(LWRPおよびHDRP)のサポート
アルファマスクの署名距離フィールド

引用:Unity Products:Amplify Impostors/Roadmap - Amplify Creations Wiki

 

 

サンプル画像

画像8枚  20秒で一周します。

f:id:assetsale:20180710125707g:plain

 

 

Amplify製品のカタログ動画

Amplify your Game! - YouTube(1:34)

Amplify Impostors [BETA]は動画に含まれてません。

 

 

アセット説明(機械翻訳)

このアセットは同時に利用する人数分のライセンスが必要です

Unity 2017.1.0以降のバージョンが必要
* * BETA RELEASE * *

1-Click Impostor Creator!
次世代ビルボードImpostorsを使用して、プロジェクトを簡単に最適化します。

Impostorsとは何ですか?
Impostorsは、元のオブジェクトの偽の3D表現をレンダリングすることによって複雑なジオメトリを置き換える、カメラに面する四角形または単純な多角形です。

フレキシブル
Impostorsは、移動、回転、拡大縮小、影の受け取りとキャスト、他のオブジェクトやImpostorsとの交差、LODGroupやサードパーティのLODシステムで使用できます。

現代
私たちのツールは、GPUベースのインスタンス化をフルに活用し、球面と八面体のImpostorテクニックを提供しています。後者は、異なるビュー間でスマートな移行を実行できます。

特徴
•1-Click Bake!
八面体と球面Impostors
ビルボードシェイプエディタ
ビュー間のスマートなブレンド
•ハードウェアインスタンス化
•オブジェクト交点の深度書き込み
•転送および遅延レンダリング
•フルライティングとシャドウイング
•ディザリングされたLODクロスフェード
•LODGroup互換

今後の機能
•動的Impostors
•カスタムマテリアルベーキング
• バッチ処理
LWRPおよびHDRPのサポート

技術的な考慮事項
現在は、Unity Standardシェーダなど、ベーキングのためにDeferredパスを公開しているシェーダのみがサポートされています。ただし、作成されたImpostorsは、ForwardモードとDeferredモードの両方で使用できます。

今後の機能の詳細については、ロードマップを確認してください。このツールは現在開発中で、今後のリリースではパフォーマンスと品質が徐々に向上します。
マニュアル:Amplify Wiki
ここで議論:Unity Forum Thread

変更を行い、あなたが切望するプロのツールを使用してください。当社の製品は業界の専門家によって開発されており、当社のサポートチームは常にお客様の可能性のある問題を解決するために一歩進んでいます。

私たちはあなたの話を聞いて、あなたの仕事を促進し、特徴づけるのを手伝いたいと思っています。

※問い合わせ先は迷惑メール防止の為省略しております。

 

 

建物内部をフェイク「Fake Interiors FREE」

レンダリングの負荷を抑える関連アセットとして、

建物内部をテクスチャ1枚だけで表現する事が可能になるフェイクシェーダをご紹介。

こちらも、パブリッシャー「Amplify Creations」のアセットです。

f:id:assetsale:20180710115245j:plain

Fake Interiors FREE

シェーダー

Amplify Creations

無料    【リリース日】2017年11月16日

 

床、天井、小道具、壁のテクスチャだけあれば、ジオメトリを用意しなくてもシンプルなインテリア領域をレンダリングできる無料シェーダです。

 

ノードベースのシェーダエディタ 「Amplify Shader Editor」で作成されたデモンストレーション的なアセット。

 

2017年11月16日リリースのアセットです。

普段外からしか見ることの無い「建物の内装」を3Dモデルを持たずにフェイクをレンダリングするシェーダ。

 

Tired of real interiors? Come on down to the Asset Store and get some FREE real Fake Interiors! - YouTube(0:54)

 

2017年11月20日に紹介しました。

 

パブリッシャーのアセット(記録用)

f:id:assetsale:20180710104107j:plain

 


 

 

7月も続行!ご利用額達成で大人気アセットを無料でGET

お得なイベントのお知らせ(2018年7月31日まで)

 

アセットストアのUnity公式イベント第二弾がスタートしました!!

 

今回のテーマは「IK制御」と「SF」

 

・「Bio IK」($30達成で無料化

VRデバイスでキャラをコントロールしてバーチャルYoutuberができちゃう安価なIK制御アセット。

 

・「SF系の人気アセット 4種類」乗り物、キャラ、背景、宇宙生成

f:id:assetsale:20180703044252j:plain

※ 最低額のハードルが前回より下がって達成しやすくなりました。

・「$50」→「$30」

・「$250」→「$199」

 

「$30」達成条件の「Bio IK」が熱い(欲しい)!!

 

 

 【イベント開催期間】2018年7月1日〜7月31日(火)まで

 

 

参加方法(必須条件)

イベントに参加するには、

 イベントページにてUnity ID(メールアドレス)を登録する必要があります(重要

 

エントリーしてから、イベント期間中に$30、$99、$199以上ご購入すると、

ご利用額に応じて5つのアセットが無料でゲットできます。

 

ボーンのIK制御、SF素材、宇宙誕生エディタ

f:id:assetsale:20180703044252j:plain

 

今回の注目アセットは「Bio IK」です。

f:id:assetsale:20180703051507j:plain

バーチャルYoutuberが出来ちゃうパワフルなIKエディタ。

 

指定した座標まで腕や頭をゴールポイントまでIK移動させる機能により、キャラクターを操ることができるスクリプトです。

WebGLで意味がわかるはず)

  

ブログで紹介した事が無いアセットなので、近日調べて記事にしたいと思います。

 

全6アセットまとめ記事

 

ボーンのIK制御、SF素材、宇宙誕生エディタ

人気アセットがてんこ盛り♫  お得にゲットしちゃいましょう。

f:id:assetsale:20180703044252j:plain

  1. Bio IK   $20(記事無し)指定した座標に手や指の関節をスムーズに移動させるエディタ(WebGLで意味がわかるはず)
  2. The Starfighter    $50(記事)宇宙と大空を飛行して戦闘をする巨大戦艦
  3. Sci Fi Space Soldier PolygonR  $10(記事)HALOのマスターチーフみたいなキャラ素材
  4. SciFi Industrial Level Kit 2.0.  $70旧記事大きな工場、科学技術、ハイテク産業のテーマシーンのSF系インテリア3Dモデル
  5. SPACE for Unity - Space Scene Construction Kit   $85 (記事)マウス1クリックで超綺麗なオリジナル「宇宙」が爆誕するエディタ

 

【イベント開催期間】2018年7月1日〜7月31日(火)まで

 

  

過去セールから神アセットを探す

過去大セールで登場したタグ一覧です。ぜひご活用下さい。

f:id:assetsale:20180430173156j:plain

※右サイドバーの「月別アーカイブ」や「タグ」からチェックすることもできます。

 

 

アセットの検索方法

検索ボックスから「アセット名」「希望する機能のワード」を入力してチェックしてください。 

f:id:assetsale:20171128032556j:plain

 

 

【新サイト】アセット割引情報

 

f:id:assetsale:20180501191417p:plain 

Shader Forge

$43.20 => 無料化   100%OFF!!

 


 

【過去ログ】無料アセット

【過去ログ】作者セール&注目アセット

 

【よく使う記事】無料の3Dモデルまとめ